ロマ(ROMA)

ロマ(ROMA) 旅行ガイド; ロマ(ROMA) DIY旅程、鉄道旅行、DIYツアーガイド

イタリア鉄道チケット

アプリをダウンロード:ロマ(ROMA)を旅行するときにインスピレーションを得る

apple-store google-store

ロマ(ROMA)

The Eternal City has shrugged off sacks and fascists, urban planning disasters and traffic snarls and is as impressive to the visitor now as two thousand years ago.

人気の場所

Via Veneto

Via Vittorio Veneto, colloquially called Via Veneto, is one of the most famous, elegant and expensive streets of Rome, Italy. The street is named after the Battle of Vittorio Veneto a decisive Italian victory of World War I. Federico Fellini's classic 1960 film La Dolce Vita was mostly centered on the Via Veneto area.

Arch of Constantine

The Arch of Constantine is a triumphal arch in Rome, situated between the Colosseum and the Palatine Hill. It was erected by the Roman Senate to commemorate Constantine I's victory over Maxentius at the Battle of Milvian Bridge in 312. Dedicated in 315, it is the largest Roman triumphal arch. The arch spans the Via triumphalis, the way taken by the emperors when they entered the city in triumph. Though dedicated to Constantine, much of the decorative material incorporated earlier work from the time of the emperors Trajan (98–117), Hadrian (117–138) and Marcus Aurelius (161–180), and is thus a collage. The last of the existing triumphal arches in Rome, it is also the only one to make extensive use of spolia, reusing several major reliefs from 2nd century imperial monuments, which give a striking and famous stylistic contrast to the sculpture newly created for the arch. This earned it the derisive nickname of Cornacchia di Esopo Aesop's Crow. The arch is 21 m high, 25.9 m wide and 7.4 m deep. It has three archways, the central one being 11.5 m high and 6.5 m wide and the lateral archways 7.4 m by 3.4 m each. Above the archways is placed the attic, composed of brickwork reveted (faced) with marble. A staircase within the arch is entered from a door at some height from the ground, on the west side, facing the Palatine Hill. The general design with a main part structured by detached columns and an attic with the main inscription above is modelled after the example of the Arch of Septimius Severus on the Roman Forum.

St. Peter's Square

St. Peter's Square is a large plaza located directly in front of St. Peter's Basilica in the Vatican City, the papal enclave inside Rome, directly west of the neighbourhood or rione of Borgo. Both the square and the basilica are named after Saint Peter, an apostle of Jesus and the first Catholic Pope. At the centre of the square is an ancient Egyptian obelisk, erected at the current site in 1586. Gian Lorenzo Bernini designed the square almost 100 years later, including the massive Tuscan colonnades, four columns deep, which embrace visitors in "the maternal arms of Mother Church". A granite fountain constructed by Bernini in 1675 matches another fountain designed by Carlo Maderno in 1613.

Vatican Museums

The Vatican Museums are the museums of the Vatican City and are located within the city's boundaries. They display works from the immense collection built up by the Popes throughout the centuries including some of the most renowned classical sculptures and most important masterpieces of Renaissance art in the world. The museums contain roughly 70,000 works, of which 20,000 are on display, and currently employ 640 people who work in 40 different administrative, scholarly, and restoration departments. Pope Julius II founded the museums in the early 16th century. The Sistine Chapel, with its ceiling decorated by Michelangelo and the Stanze di Raffaello decorated by Raphael, are on the visitor route through the Vatican Museums. In 2013, they were visited by 6 million people, which combined makes it the 6th most visited art museum in the world. There are 54 galleries, or sale, in total, with the Sistine Chapel, notably, being the very last sala within the Museum. It is one of the largest museums in the world. In 2017, the Museum's official website and social media presence was completely redone, in accord with current standards and appearances for modern websites.

Theatre of Marcellus

The Theatre of Marcellus is an ancient open-air theatre in Rome, Italy, built in the closing years of the Roman Republic. At the theatre, locals and visitors alike were able to watch performances of drama and song. Today its ancient edifice in the rione of Sant'Angelo, Rome, once again provides one of the city's many popular spectacles or tourist sites. Space for the theatre was cleared by Julius Caesar, who was murdered before its construction could begin; the theatre was so far advanced by 17 BC that part of the celebration of the ludi saeculares took place within the theatre; it was completed in 13 BC and formally inaugurated in 12 BC by Augustus. The theatre was 111 m in diameter and was the largest and most important theatre in Ancient Rome; it could originally hold between 11,000 and 20,000 spectators. It was an impressive example of what was to become one of the most pervasive urban architectural forms of the Roman world. The theatre was built mainly of tuff, and concrete faced with stones in the pattern known as opus reticulatum, completely sheathed in white travertine. However, it is also the earliest dateable building in Rome to make use of fired Roman brick, then a new introduction from the Greek world. The network of arches, corridors, tunnels and ramps that gave access to the interiors of such Roman theatres were normally ornamented with a screen of engaged columns in Greek orders: Doric at the base, Ionic in the middle. It is believed that Corinthian columns were used for the upper level but this is uncertain as the theatre was reconstructed in the Middle Ages, removing the top tier of seating and the columns. Like other Roman theatres in suitable locations, it had openings through which the natural setting could be seen, in this case the Tiber Island to the southwest. The permanent setting, the scaena, also rose to the top of the cavea as in other Roman theatres. The theatre fell out of use in the early 4th century and the structure served as a quarry for e.g. the Pons Cestius in 370 AD. However, the statues located inside the building were restored by Petronius Maximus in 421 and the remaining structure still housed small residential buildings. In the Early Middle Ages the theatre was used as a fortress of the Fabii and then at the end of the 11th century (when it was known as templum Marcelli), by Pier Leoni and later his heirs (the Pierleoni). This saved the complex from further destruction. The Savelli held it in the 13th century. Later, in the 16th century, the residence of the Orsini, designed by Baldassare Peruzzi, was built atop the ruins of the ancient theatre. By the 19th century, rises in the street level meant that almost half the ground floor was below it. Now the upper floors are divided into multiple apartments, and its surroundings are used as a venue for small summer concerts; the Portico d'Ottavia lies to the north west leading to the Roman Ghetto and the Tiber to the south west. In the 17th century, the English architect Sir Christopher Wren explicitly acknowledged that his design for the Sheldonian Theatre in Oxford was influenced by Serlio's engraving of the Theatre of Marcellus.

Campidoglio

The Capitoline Hill between the Forum and the Campus Martius, is one of the Seven Hills of Rome. The hill was earlier known as Mons Saturnius, dedicated to the god Saturn. The word Capitolium first meant the temple of Jupiter Optimus Maximus later built here, and afterwards it was used for the whole hill (and even other temples of Jupiter on other hills), thus Mons Capitolinus (the adjective noun of Capitolium). Ancient sources refer the name to caput ("head", "summit") and the tale was that, when laying the foundations for the temple, the head of a man was found. Some sources even saying it was the head of some Tolus or Olus. The Capitolium was regarded by the Romans as indestructible, and was adopted as a symbol of eternity. By the 16th century, Capitolinus had become Capitolino in Italian, and Capitolium Campidoglio. The Capitoline Hill contains few ancient ground-level ruins, as they are almost entirely covered up by Medieval and Renaissance palaces (now housing the Capitoline Museums) that surround a piazza, a significant urban plan designed by Michelangelo. Influenced by Roman architecture and Roman republican times, the word Capitolium still lives in the English word capitol. The Capitol Hill in Washington, D.C. is widely assumed to be named after the Capitoline Hill, but the relation is not clear.

Colosseum

The Colosseum or Coliseum also known as the Flavian Amphitheatre (Latin: Amphitheatrum Flavium; Italian: Anfiteatro Flavio or Colosseo ), is an oval amphitheatre in the centre of the city of Rome, Italy. Built of concrete and sand, it is the largest amphitheatre ever built. The Colosseum is situated just east of the Roman Forum. Construction began under the emperor Vespasian in AD 72, and was completed in AD 80 under his successor and heir Titus. Further modifications were made during the reign of Domitian (81–96). These three emperors are known as the Flavian dynasty, and the amphitheatre was named in Latin for its association with their family name (Flavius). The Colosseum could hold, it is estimated, between 50,000 and 80,000 spectators, having an average audience of some 65,000; it was used for gladiatorial contests and public spectacles such as mock sea battles (for only a short time as the hypogeum was soon filled in with mechanisms to support the other activities), animal hunts, executions, re-enactments of famous battles, and dramas based on Classical mythology. The building ceased to be used for entertainment in the early medieval era. It was later reused for such purposes as housing, workshops, quarters for a religious order, a fortress, a quarry, and a Christian shrine. Although partially ruined because of damage caused by earthquakes and stone-robbers, the Colosseum is still an iconic symbol of Imperial Rome. It is one of Rome's most popular tourist attractions and also has links to the Roman Catholic Church, as each Good Friday the Pope leads a torchlit "Way of the Cross" procession that starts in the area around the Colosseum. The Colosseum is also depicted on the Italian version of the five-cent euro coin. The Colosseum's original Latin name was Amphitheatrum Flavium, often anglicized as Flavian Amphitheatre. The building was constructed by emperors of the Flavian dynasty, following the reign of Nero. This name is still used in modern English, but generally the structure is better known as the Colosseum. In antiquity, Romans may have referred to the Colosseum by the unofficial name Amphitheatrum Caesareum (with Caesareum an adjective pertaining to the title Caesar), but this name may have been strictly poetic as it was not exclusive to the Colosseum; Vespasian and Titus, builders of the Colosseum, also constructed an amphitheater of the same name in Puteoli (modern Pozzuoli). The name Colosseum has long been believed to be derived from a colossal statue of Nero nearby (the statue of Nero was named after the Colossus of Rhodes). This statue was later remodeled by Nero's successors into the likeness of Helios (Sol) or Apollo, the sun god, by adding the appropriate solar crown. Nero's head was also replaced several times with the heads of succeeding emperors. Despite its pagan links, the statue remained standing well into the medieval era and was credited with magical powers. It came to be seen as an iconic symbol of the permanence of Rome. In the 8th century, a famous epigram attributed to the Venerable Bede celebrated the symbolic significance of the statue in a prophecy that is variously quoted: Quamdiu stat Colisæus, stat et Roma; quando cadet colisæus, cadet et Roma; quando cadet Roma, cadet et mundus ("as long as the Colossus stands, so shall Rome; when the Colossus falls, Rome shall fall; when Rome falls, so falls the world"). This is often mistranslated to refer to the Colosseum rather than the Colossus (as in, for instance, Byron's poem Childe Harold's Pilgrimage). However, at the time that the Pseudo-Bede wrote, the masculine noun coliseus was applied to the statue rather than to what was still known as the Flavian amphitheatre. The Colossus did eventually fall, possibly being pulled down to reuse its bronze. By the year 1000 the name "Colosseum" had been coined to refer to the amphitheatre. The statue itself was largely forgotten and only its base survives, situated between the Colosseum and the nearby Temple of Venus and Roma. The name further evolved to Coliseum during the Middle Ages. In Italy, the amphitheatre is still known as il Colosseo, and other Romance languages have come to use similar forms such as Coloseumul (Romanian), le Colisée (French), el Coliseo (Spanish) and o Coliseu (Portuguese).

Basilica di San Giovanni in Laterano

The Papal Archbasilica of St. John in Lateran commonly known as St. John Lateran Archbasilica, St. John Lateran Basilica, St. John Lateran, or simply the Lateran Basilica, is the cathedral church of Rome, Italy and therefore houses the cathedra, or ecclesiastical seat, of the Roman Pontiff (Pope). It is the oldest of and has precedence among the four papal major basilicas, all of which are in Rome, because it is the oldest church in the West and houses the cathedra of the Roman Pontiff. It has the title of ecumenical mother church of the Roman Catholic faithful. The current archpriest is Agostino Vallini, Cardinal Vicar General for the Diocese of Rome. The President of the French Republic, currently François Hollande, is ex officio the "first and only honorary canon" of the archbasilica, a title that the heads of state of France have possessed since King Henry IV. The large Latin inscription on the façade reads: Clemens XII Pont Max Anno V Christo Salvatori In Hon SS Ioan Bapt et Evang; which is a highly abbreviated inscription which translates to: "Pope Clement XII, in the fifth year [of his Pontificate], dedicated this building to Christ the Savior, in honor of Saints John the Baptist and John the Evangelist". The inscription indicates, along with its full title (see below), that the archbasilica was originally dedicated to Christ the Savior and, centuries later, co-dedicated to St. John the Baptist and St. John the Evangelist. As the Cathedral of the Pope qua Bishop of Rome, it ranks superior to all other churches of the Roman Catholic Church, including St. Peter's Basilica, and therefore it alone is titled "Archbasilica" among all other basilicas. The archbasilica is sited in the City of Rome, outside and distanced from Vatican City proper, which is approximately 4 km (2.5 mi) to its northwest, although the archbasilica and its adjoining edifices have extraterritorial status from Italy as one of the properties of the Holy See, subject to the sovereignty of the latter, pursuant to the Lateran Treaty of 1929 with Italy.

注目のアクティビティ

Trastevere

Trastevere is the 13th rione of Rome, on the west bank of the Tiber, south of Vatican City, and within Municipio I.

Bernini

Gian Lorenzo Bernini was an Italian sculptor and architect.

Modern movement

Modern architecture or modernist architecture is a term applied to a group of styles of architecture which emerged in the first half of the 20th century and became dominant after World War II.

Borromini

Francesco Borromini, byname of Francesco Castelli was an Italian architect born in today's Ticino who, with his contemporaries Gian Lorenzo Bernini and Pietro da Cortona, was a leading figure in th...

della Porta

Giacomo della Porta was an Italian architect and sculptor, who worked on many important buildings in Rome, including St. Peter's Basilica.

Maderno

Carlo Maderno was an Italian architect, born in today's Ticino, who is remembered as one of the fathers of Baroque architecture.

旅行

Private Half-Day Rome Tour with Professional English-Speaking Driver

This private 6-hour Rome tour allows you to enjoy the comfort and convenience of personal transportation while spending time around the main squares of the city. See the monumental sights of Rome, including Piazza Navona, Pantheon, Trevi Fountain, and more. The entire tour will be at your own pace, with the possibility to add extra hours to spend more time at the sites or to visit additional areas. The vehicle and driver will be at your complete disposal for the entire duration of the tour and can take you where big buses cannot go, so you will walk less and see more.

Skip-the-Lines Barberini Palace Museum and Gallery Private Tour

Enjoy a 2.5-hour private tour of the barberini Palace and Museum with a local guide. Skip the lines and explore the palace highlights, including masterpieces by Caravaggio, Raphael, and many more. Your guide will use an iPad and multimedia tools to make your visit even more engaging and rich. Choose between one of two departure times when you book.

Civitavecchia Private Transfer: Civitavecchia Cruise Port to Central Rome

For a hassle-free cruise transfer, arrange private transportation from the Civitavecchia cruise port to central Rome. Transfer services are available 7 days a week.

Rome City Center Luggage Storage

Take the load off your shoulders and store your bags is a safe luggage storage unit in Rome city center. Located in the Campo de Fiori area, within walking distance of Piazza Navona, the unit features free Wi-Fi and printing facilities, and a restroom.

Private Day Tour from Rome To Pompeii and Sorrento

You’ll have a professional English-speaking private driver and minivan for the day, a private guide is also an option on this tour who will be able to guide you in the Pompeii Ruins. This option is available for an additional cost. If no private guide is chosen, you can rent audio-guides. Your personal driver will be your on board commentary. Your tour will also include a stop for a good lunch in Sorrento. Where you want to stop for a lunch is your choice. During your scenic drive, you'll be able to make multiple stops to capture all those picturesque moments.

Public Audience with Pope Francis in St. Peter’s

Enjoy an audience with Pope Francis for a once-in-a-lifetime encounter at the Vatican City. Share a religious and multi-cultural experience with the Pope, while listening to the papal audience together with people from all over the world.

ロマ(ROMA) ガイド

コロシアム Rome(イタリア語とラテン語:ローマ)、「永遠の都」はイタリアの首都であり、ラツィオ(ラティウム)地域の最大の都市です。 それはの有名な都市ですローマ帝国セブンヒルズ, ラドルチェヴィータ(甘い生活)、バチカン市国と噴水の3つのコイン。ローマは、ミレニアムの長さの権力、文化、宗教の中心地として、これまでに世界最大の文明の中心の1つであり、約2500年の存在の中で世界に大きな影響を与えてきました。

街の歴史的中心部はユネスコの世界遺産に登録されています。 素晴らしい宮殿、数千年前の教会と大聖堂、壮大なロマンチックな遺跡、豪華な記念碑、華やかな彫像、優雅な噴水を備えたローマには、非常に豊かな歴史的遺産と国際的な雰囲気があり、ヨーロッパと世界で最も訪問され、有名で影響力のある美しい首都。 今日、ローマはナイトライフシーンが成長しており、ショッピング天国としても見られ、世界のファッションの中心地の1つと見なされています(イタリアで最も古いジュエリーや衣料品店のいくつかはこの街に設立されました)。 ローマには数多くの観光スポットやアクティビティがあり、真に「世界の都市」に分類されます。

ローマはいくつかの地区に分けることができます。 いわゆる歴史的中心(Centro Storico)は非常に小さく、都市の面積の約4%です。 これは主にアウレリアヌスの城壁の内側のエリアで構成され、ユネスコによって保護されています。 地区については以下で説明します。

パンテオンアペニン山脈とティレニア海の間にあるテベレ川沿いにある「永遠の都」は、かつては強大なローマ帝国の行政の中心地であり、イギリスからメソポタミアに至るまで広大な地域を統治していました。 今日でもイタリア政府の本拠地であり、多くの大臣府が置かれています。 ローマの人口は270万人ですが、大都市圏には約450万人が住んでいます。

建築的および文化的に、ローマにはいくつかの対照があります-巨大な壮大な宮殿、通り、大聖堂があり、それらは小さな路地、小さな教会、古い家に囲まれています。 ローマの中心部は主に古代であり、現代の建物は通常、郊外に集中していますミラノ(新旧の建築が中央と周辺の両方で組み合わされている場合)。 また、壮大な宮殿と並木のあるエレガントな大通りから、中世のような狭くて窮屈な通りへと歩いていることもあるでしょう。

略語「S.P.Q.R」はローマのいたるところにあり、古い民主主義のモットー「Senatus Populusque Romanus」(ラテン語)、つまり「ローマ元老院と人々」の略です。

8月の2週間、ローマの住民の多くは店を閉めて(文字通り)休暇を過ごしました。多くの店、レストラン、その他の設備が閉まっているこの間。 この時期の市内中心部の気温は、特に気持ちがいいものではありません。 この時点でローマに旅行する場合は、次のことを確認してください。ちうそうあたり(祝日は休業)多くの施設の看板。 ここ数週間でさえ、街はとても美しく、ローマで過密状態の少ない休暇を探しているなら、これは悪い時間ではありません。 あなたはいつもどこかで食べる場所を見つけることができます。

フォロロマーノ 芸術的なナヴォーナ広場。 ヴィットリオエマヌエーレ記念碑。現代のポストリソルジメントローマのシンボルと見なされています。 イタリア大統領の公邸であるクイリナーレ宮殿。

ローマの歴史は2千5千年に及び、ラテン語の小さな村からカトリックの創設を通じて、そして今日のイタリアの首都へと広大な帝国の中心へと変貌を遂げてきました。 ローマの歴史は長く複雑です。 以下は簡単な要約です。

ローマは伝統的に、テヴェレ川で幼児として捨てられ、母オオカミに育てられた後、自分の息子として育てた羊飼いに見つかる神話上の双子のロムルスとレムスによって設立されたと考えられています。 ローマは、紀元前8世紀に小さな村として設立されました。パラタインヒルを含むエリアフォロロマーノ見つかった。 テヴェレ川のフォードにある村の位置により、ローマは交通と貿易の交差点になりました。

開拓地は一連のエトルリア王に率いられてローマ王国の首都へと発展し、紀元前500年頃にローマ共和国の本拠地となり、その後ローマの中心となりました。ローマ帝国紀元前27年から。 ローマは、ほぼ1000年の間、西側世界で最も大きく、最も裕福で、最も強力な都市であり、ヨーロッパと地中海の大部分を支配していた。 紀元5世紀のローマ帝国の崩壊後も、ローマはかなりの重要性と富を維持していました。

コンスタンティヌス1世の治世から始まり、ローマ司教(後に教皇として知られる)は政治的および宗教的重要性を増し、ローマをカトリック教会の中心として確立しました。 中世初期には、人口は減少しましたが、新しく形成された教皇国家の首都として新たな重要性を獲得しました。 中世を通して、ローマは主要な巡礼地であり、神聖ローマ帝国と教皇庁の間の闘争の焦点でした。中世初期のローマを象徴するトラステヴェレ教会のサンタマリア。

15世紀にイタリアのルネサンスが完全に進行したことで、ローマは劇的に変化しました。 豪華な教会、橋、公共のスペース。新しいサンピエトロ大聖堂やシスティーナ礼拝堂、ローマがその時代の他のイタリアの都市の壮大さと同等になるように、教皇庁によって建設されました。 17世紀にグランドツアーがヨーロッパの若い紳士たちの慣習となったため、ローマは重要な観光地になり、今日までそのままです。

19世紀、ローマは再びイタリア王国の台頭に伴う権力闘争の焦点となり、イタリアの統一を望みました。 ローマ法王はフランスの保護下でローマを支配し続けましたが、1870年の普仏戦争の勃発により、フランス軍はローマを放棄することを余儀なくされ、イタリア王国が占領することを明らかにしました。 ローマはイタリアの首都になり、それ以来ずっとそうです。

今日のローマは、その長い歴史の多くの期間を反映する現代の大都市です-古代、中世、ルネサンス、そして現代の時代。 第一次世界大戦後のイタリアのファシズムの台頭に伴い、ローマの人口は増加しました。 この傾向は、ローマに比較的軽微な損害を与えた第二次世界大戦によって止められました。 第二次世界大戦後の君主制の解体とイタリア共和国の創設により、ローマは再び人口が増加し、近代的な都市になりました。 街は今日、イタリアの首都であり、世界の主要な観光地の1つです。

ローマは地中海性気候で、夏は暑く乾燥しており、冬は穏やかで雨が多いです。 冬の数か月間、日中の気温は通常快適で、10〜15°Cの範囲ですが、夜間の気温は氷点下をわずかに超える傾向があります。 とは言っても、時折の寒さのために気温が氷点下になる可能性があり、まれに軽い雪の降る雪が降ることは前例のないことですが、蓄積はまれで、大きな吹雪は20〜25年に1回発生することが知られています。

ようやく数え切れないほどの日で、ローマには約1700冊の小説が置かれました。 書店で最も簡単に入手できるのはリンジー・デイビスそしてスティーブン・セイラー。どちらも優れた語り手であり、古代ローマでの生活の描写に優れています。 あなたがローマを訪問している場合、特に興味深いのはセイラーのローマ:古代ローマの小説、2つの家族の架空の運命をたどることによって、ローマの歴史の最初の1000年ほどをたどります。 各章は、章の時点でのローマの発展の様子を示す地図から始まります。

古代ローマに関する古典的な作品は、エドワードギボンのローマ帝国の衰退と崩壊の歴史。これは1782年に書かれましたが、まだ再版されています。 ロムルスとレムスから1970年代までのローマの運命をカバーする素晴らしい本は、ローマ:都市の伝記クリストファーヒバート(ペンギン)によって。 持ち運びには少々重すぎるかもしれませんが、優れたガイドブックでもあります。RomeRobert Hughes(Orion Books)は、街の美術史に焦点を当て、歩き回っているときに目にするものへの興味深い洞察を提供します。SPQRは、ケンブリッジ大学の教授で英国のテレビのパーソナリティであるメアリービアードによって書かれ、2015年に出版されました。

ローマの英語の書店は次のとおりです。

  • ライオン書店、36番通り、スペイン広場の近く。 たくさんの本と小さなカフェ。
  • Anglo-American Bookstore、Via delle Vite、102、近くにもスパーニャ広場。専門店のある大型店。 ノンフィクションに強い。
  • Theほぼコーナーの書店、Via del Moro 45、トラステヴェレ。 川の向こう側にある小さいながらも品揃えの豊富な店。 イタリアの書店の中には英語のセクションもあります。 豊富な英語の本(フランス語、スペイン語なども)をお試しください。フェルトリネッリインターナショナル経由でヴィットリオエマヌエーレオーランド-またはラルゴアルゼンチンの店舗での小規模な品揃え。

カンピドリオローマ

イタリア人はランドマークがとても好きです。誰もが1週間に1週間アクセスできるようにするために、公的に所有されているすべてのランドマークや史跡への入場は無料です。 今週、「ラセッティマナデイベニカルチャーチ"、通常5月中旬に発生し、7〜10日間、政府機関(クイリナーレの大統領官邸と庭園、コロッセオ、古代のフォーラムのすべてを含む)に属するすべてのランドマーク、遺跡、博物館がアクセス可能で無料です。 。 詳細および特定の日付については、またはを参照してください。

政府所有の博物館や史跡には無料入場毎月第1日曜日。

サンタンジェロ城と天使図

ローマに3日間以上滞在する場合は、ローマパス。 3日間有効で、料金は38.50ユーロです。 所有者は、最初に訪れた2つの博物館や遺跡への無料入場、公共交通機関への完全アクセス、その他の博物館、観光地、展示会、音楽イベント、演劇、ダンスパフォーマンスの割引を受けることができます。 このパスでコロッセオ(コロッセオ)にアクセスできます。パラタインヒル(パラティーノヒル)、カラカラ浴場(テルカラディカラカラ)、カタコンベ、テルメディディオクレツィアーノ、パラッツァマッシモアッレテルメ、クリプタ・バルビ, パラッツォアルテンプス, ヴィラデイキンティリ、そしての墓セシリア・メテッラ.

A ローマパス48時間€28で提供され、2日間有効です。 このパスでは、最初に訪れた博物館や遺跡のみ無料です。

ローマパスカード裏面の有効期限をご確認ください。 カードの有効期限が切れている場合、メトロの改札では機能しません。 パスは必ず公式の観光局で購入してください。 路上にはチケットを売る小さなブースもありますが、高額になる場合があります。

ローマパスのもう1つの利点は、最初の2つの無料入場口の1つであれば、待機キューをスキップできることが多いことです。 これにより、たとえば、コロッセオでの1時間以上の待ち時間を回避できます。

という代替パスがありますOMNIAバチカンとローマこれには、Roma Passが提供するサービスが含まれます。バチカン美術館そしてシスティーナ礼拝堂、サンピエトロ大聖堂への高速トラックエントリと3日間の乗り降り自由のバスツアー。 3日間で113ユーロかかります

パンテオンの金庫とオクルス

古代ローマの遺跡を探索するための主要なエリアは、ローマ/コロッセオのいずれかの側にありますVia dei Fori Imperiali、コロッセオとヴェネツィア広場。ムッソリーニの時代に1931年から1933年の間に建設されたこの道路は、ルネサンスの広い地域と古代のフォーラムの廃墟の上に建設された中世の建物を破壊し、アッピア街道まで続く遺跡公園の計画を永遠に終わらせました。 からコロシアムに向かってヴェネツィア広場、あなたは見るフォロロマーノ右側がトラヤヌスのフォーラムと市場です。 コロッセオの右側にはコンスタンティヌスの凱旋門そしての始まりパラタインヒル、最終的にあなたを廃墟に導くでしょうフラビアンパレスとの眺めサーカスマキシマス(ローマ/ Aventino-Testaccioを参照)。 左側には、コロッセオの後に、木々が並ぶ広い道があり、コッレオッピオパーク。 この公園の下には、ネロのゴールデンハウス(ドムスアウレア)、巨大で壮大な地下複合体が復旧し、大雨による損傷のために再び閉鎖されました。 さらに左にエスキリンヒルトラヤヌスの浴場の廃墟です。

オールドローマでは、西暦125年にさかのぼるパンテオンが見事に保存されています。 天井に穴が開いているので、雨が降っているときにそこにいるのは面白い体験です。 からパンテオンに向かう場合ヴェネツィア広場あなたが最初に達するラルゴディトッレアルゼンチンあなたの左側に。 1926年まで、これは狭い通りや小さな家で覆われていましたが、ローマの寺院の遺跡が発見されたときに地面に破壊されました。 コルソヴィットリオエマニュエルに沿って移動し、テヴェレ川を渡ってバチカン地域に入ると、ハドリアヌス帝の霊廟として建てられた印象的なカステルサンアンジェロがあります。 これは屋根付きの要塞化された廊下によってバチカンに接続されており、問題の時に教皇のための避難所として機能しました。

コロッセオの南はカラカラ浴場(Aventino-Testaccio)。 その後、非常によく保存された一連の城壁を通り、古いアッピア街道を南東に進みます。 冒険好きな方には、アッピア街道(ローマ/南)に沿って進むと、ローマ時代の遺跡がたくさんあります。マクセンティウスのサーカス、の墓セシリア・メテッラヴィラデイキンティリそして近くには、いくつかの長いローマの水道橋があります。

モダンセンターに戻り、ディオクレティアヌスの浴場主要鉄道駅、テルミニの入り口の向かいにあります。 ローマ国立博物館は、バスの複合施設の南西隅にあり、ローマの彫刻やその他の工芸品の膨大なコレクションがあります。 しかし、これは、古代ローマに捧げられた数多くの美術館の1つにすぎません。カピトリーノの丘。どれだけあるか本当にすごいです。

サンピエトロ大聖堂のルネッサンス/バロック様式の豪華な外観

ローマには900を超える教会があります。おそらく3分の1は一見の価値があるでしょう。

カトリックの伝統では、セントピーターはローマにセントポールとともに教会を設立したと言われています。 ローマの最初の教会は、初期のクリスチャンが出会った場所、通常は市民の家で生まれました。 しかし、4世紀までに、すでに4つの主要な教会、または大聖堂がありました。 ローマには28人の枢機卿がいて、週に1回大聖堂の1つでミサを行った。 なんらかの形で、4つの大聖堂が今日私たちと共にあり、ローマの主要な教会を構成しています。 セントピーターズ、セントポールズアウトサイドオブザウォール、サンタマリアマッジョーレ、サンジョヴァンニです。 ローマへのすべての巡礼者は、サンロレンツォフオリレムラ、ゲルサレンメのサンタクローチェ、ディビノアモーレサンクチュアリとともに、これら4つの大聖堂を訪れることが期待されています。 後者は、2000年のグレートジュビリーの時に7つのうちの1つとして挿入され、壁の外側のサンセバスティアーノに取って代わりました。

いくつかの教会の内部を見てみましょう。 高級クラシックアートから粘着性のある電気キャンドルまで、装飾の品ぞろえが驚くほど豊富です。 サンクレメンテやサンタコスタンツァなど、初期のキリスト教教会のいくつかの良い例から始めて、ローマの新しい郊外に奉仕するために建設された近代的な教会を含め、1700年ほどの期間にわたって建てられた教会があります。

ローマの一部の教会は、不適切な服装をした人々の入場を拒否しています。 あなたは最も訪問された教会で「ファッション警察」を見つけるでしょう。 (「膝と肩」が主な問題です-特に女性の問題です。) 裸の肩、ショートスカート、ショートパンツは公式には許可されていませんが、膝の真上に達する長いショートパンツやスカートは通常問題ありません。 ただし、膝より下になる長いパンツやスカートを着用する方が常に安全です。特にセントピーターズは、覆いのない膝、肩、上腹部などのために観光客を拒否したことで知られています(通常、教会に入る直前まで通知されないので、バチカンまでトレッキングをして立ちました。何のために長いセキュリティライン。)より厳しい教会は通常安価なスカーフと時にはプラスチックパンツを販売するすぐ外にベンダーがあります。 しかし、ドレスコードを施行している教会は比較的少なく、ほとんどのショーツやノースリーブのシャツなど、問題なくほとんど何でも散策できます。 しかしながら、これらはまだ多くの人々のための教会と祈りの家であるので、自分の服を上品に保つことは良いことです。 (ローマ時代の人たちはあなたの服装についてコメントし、特にそれが明らかになっている場合は嫌がらせをするかもしれません。)

現代の訪問者にとって、セブンヒルズローマの特定はかなり難しい場合があります。 そもそも、何世代にもわたって建造物が積み重ねられ、谷間に高層ビルが建設されたため、丘は当初よりも目立たなくなってきました。 第二に、明らかに7つ以上の丘があります。 ローマ時代には、これらの多くは都市の境界の外にありました。

7つの丘は最初は小さな集落で占められ、しばらくは都市として認識されていませんでした。 ローマは、これらの入植地が一緒に行動して、それらの間の湿った谷を排水し、それらを市場やフォーラムに変えたときに生まれました。 フォロロマーノはかつて沼地でした。

Theパラタインヒルサーカスマクシムスに迫り、コロシアムの近くにアクセスします。 伝説によると、これはサーカスの向こう側にあるアヴェンティンヒルを占領していた兄のレムスと一緒に倒れたロムルスに占領されたそうです。 また、丘は南東にあるカエリアンであるとはっきり認識できますサーカスマキシマスフォーラムを見下ろすカピトリーノ。現在はローマの自治体となっています。 東と北東フォロロマーノEsquiline、Viminal、Quirinalの丘です。 これらは、最近では別の丘になり、遠くから見ると丘のように見えるため、区別が難しくなります。テルミニ駅の外のセルビアの壁地図上の赤い線はセルビアの壁、その建設は紀元前6世紀のローマ王サービウストゥリウスにクレジットされていますが、考古学的証拠により紀元前4世紀に建設されました。 この壁の小さな部分は、特にテルミニ駅の近くとアヴェンティーノの丘の上にまだ見られます。 ローマが拡大するにつれて、より広いエリアを保護するために新しい壁が必要になりました。 これらはアウレリアヌス帝によって紀元3世紀に建てられました。 この壁の長い部分は、ローマ中心部の郊外に残っています。 多くは非常に良好な状態です。

ローマの他の丘には、7つには含まれていませんが、バチカンを見下ろす丘があります。ローマの素晴らしい景色を提供するトラステヴェレ川を見下ろすジャニキュラム。ボルゲーゼ庭園の端にあるピンチョは、バチカンの素晴らしい景色を望みます。モンテマリオ北へ。

ローマにいるなら芸術市内にはいくつかの世界クラスの美術館があります。 自然な出発点は、地域への訪問ですボルゲーゼ公園ローマ/ノースセンターでは、ボルゲーゼ庭園とその周辺に美術館が集まっています。ガレリアボルゲーゼ以前はボルゲーゼ家のプライベートアートコレクションを所蔵しており、Museo Nazionale diヴィラジュリア世界最大のエトルリア美術コレクションの本拠地であり、ガレリアナツィオナーレダルテモデルナ多くのイタリアの傑作だけでなく、セザンヌ、ドガ、モネ、ヴァンゴッホ.

Theカピトリーノ美術館コロッセオ地区では、ローマとギリシャのアンティークアートと彫刻のコレクションで、市内で最も重要なものに門戸を開いています。 訪問ガレリアダルテアンティカ、イタリアのルネサンスとバロック芸術のために、モダンな中心部のバルベリーニ宮殿に収容されています。

ローマへの訪問は、バチカン美術館への旅行なしでは完了しません。 見たい場合は美術館に行く必要がありますシスティーナ礼拝堂、しかし膨大なコレクションがあります。 ラファエルが描いたタペストリー、地図、部屋などは、途中で見逃せません。システィーナ礼拝堂、しかし、驚くべきエジプトのコレクション、レオナルドダヴィンチによる聖ヒエロニムスの肖像画、ジョット、ペルジーノ、ラファエル、ヴェロネーゼ、カラヴァッジョなどの絵画を含むピナコテカを含む、探索するはるかに多くがあります。

ローマの国立博物館ディオクレティアヌスの浴場モダンセンターには、国立博物館と同様に膨大な考古学コレクションがあります。パラッツォアルテンプス、ナヴォーナ広場の近く。 さらに遠く、Museo di Civilta Romana(ローマの文明の博物館)、ユーロは帝国ローマの巨大なモデルで最も有名ですが、石膏の鋳造品、模型、彫像やローマの石細工の再構成も豊富に展示されています。

時間に余裕があれば、さまざまな興味をカバーする他の美術館に事欠きません。 例には、壁の博物館(ローマ/南部を参照)、楽器博物館第二次世界大戦でのドイツの占領からローマを解放するための博物館(ローマ/エスクイリーノサンジョヴァンニ)。

博物館に向かう前に、美術館の営業時間を確認してください。 政府の美術館は、月曜日は常に休業しているため、他のアクティビティに最適な日です。 ローマ自治体自体が約17の美術館やアトラクションを運営しています。 情報ムセーインコミューンローマ。これらは18歳未満と65歳以上のEU市民には無料です。 他の美術館のウェブサイトは、関連する地区のページに記載されています。

素敵な共和国広場。ローマの魅力の多くは、旧市街を散策することです。 主要な観光ルートからすぐに脱出し、首都ではなく小さな中世の村にいるかのように感じることができます。 不均一な石畳に注意しながらそれができる場合は、上向きに見てください。 いくつかの素晴らしい屋上庭園や、外壁に取り付けられたあらゆる種類の彫刻、絵画、宗教的なアイコンがあります。 2階と3階の窓から、古い家のオーク材の梁のある天井を見てください。 大きなパラッツォのアーチ型の入り口を覗いて、彫刻、噴水、庭園がある素晴らしい中庭をご覧ください。 の間のエリアを散歩してくださいナヴォーナ広場そしてそのテヴェレ職人が小さな商店からの取引を続けているオールドローマの川。 また、古いローマでは、1 km歩いて下りますジュリア経由、多くの古い宮殿が並んでいます。 映画愛好家は訪問したくなるでしょうベネト経由(経由ヴィットリオ・ヴェネト)モダンセンターでは、フェリーニの多くのシーンラドルチェヴィータ.

狭い通りは、しばしば1つ以上の教会と1つまたは2つの噴水がある小さな広場または大きな広場(広場)に広がっています。 の他にナヴォーナ広場そしてロトンダ広場(パンテオンの前)、近くにミネルヴァ広場、ベルニーニによるユニークな象の像とコロンナ広場マーカス・アウレリウスのコラムとパラッツォチギ、イタリア政府の待ち合わせ場所。 コルソの向こう側ヴィットリオエマヌエーレファルネーゼ広場同じ名前のパラッツォ(現在のフランス大使館)と2つの興味深い噴水と花屋でカンポデイフィオーリ、昔のローマの死刑執行の場面。 オールドローマでは、これらのすべての広場が互いに短い距離にあります。 巨大なポポロ広場ローマの北の境界を表すときに街への印象的な入り口を提供したノースセンターには、一見の価値があります。 中心部に向かって少し歩くと、スパーニャ広場のふもとにスペイン階段。ここにまた別の魅力的な噴水があります。 このエリアは1953年の映画の背景としてよく使用されていましたローマの休日オードリー・ヘップバーンとグレゴリー・ペックと。ナヴォーナ広場川の反対側には、もちろん、壮大な広場がありますセントピーターズバチカンで。 さらに南、トラステヴェレではピアッツァトラステヴェレのサンタマリア、広場の両側に並ぶレストランやバーの1つから、またはそれが高すぎる場合は中央の噴水の階段から、世界を見渡すのに最適な場所です。 広場には多くのストリートエンターテイナーが集まります。

モダンセンターに戻ると、トレビの泉、確かに皆のローマの休日の一部です。 Visitors are always amazed that such a big and famous fountain is tucked away in a small piazza in the middle of side streets. ここであなたの持ち物の特別な注意を払ってください。 Via del Tritoneをさらに上ると、バルベリーニ広場、今は交通でいっぱいですが、素敵なベルニーニの噴水は見逃せません。

EURは、ファシストアーキテクチャの選択を提供します。パラッツォデッラシヴィルタイタリアーナ、「スクエアコロシアム」とも呼ばれます。 歴史的なコロシアムを称えるために設計されました。 コロッセオを見て、違いや類似点を比較した後、ぜひ訪れてください。

上のピンチョのポポロ広場は良い見方です。ローマには高層ビルがないため、街の景色は、ローマの元の7つの丘またはそれらを囲む他の丘のいずれかである多くの丘を登ることからもたらされます。 ローマの最も人気のある2つのビューは、ジャニキュラムトラステヴェレ川を見下ろす丘とピンチョボルゲーゼ公園の端に。 前者は車で行くのが最適で、当局が視点の前の丘の中腹にある木を剪定することを覚えている限り、ローマの中心部の景色を一望できます。 ドームの素晴らしい景色を望む広場を渡りますセントピーターズ。バチカンはピンチョ(メトロラインA、ポポロ広場、それから良い登り)。 あまり人気がありませんが、それと同じくらい良いのは、アヴェンティンヒルのパルコサヴェッロにあるオレンジの木立です。 車やモペットでのアクセスが便利なため、観光客の間で人気が低く、ゾディアコレストランの前にある小さな広場です。モンテマリオ、若いローマのカップルにとても人気のスポット。

深刻な観光を計画している場合は、祖父母に子供を預けてください! 彼らは破滅から破滅へ、そして教会から教会へと引きずり込まれるのを親切に受け入れません。 ローマでよく見られるのは、親を追いかける悲惨な子供たちです。 また、石畳の通りのため、プッシュチェア/バギーは使いづらいです。 あなたが家族なら、あまりやり過ぎないでください。 それは子供たちに大きな負担となり、結局誰もが疲れます。

主要なアトラクションを除いて、ローマは子供たちを楽しませることが比較的少ないです。 フィウミチーノ空港からの途中で大きな観覧車に気づいたら、もう一度考えてみてください。 EURのLunaparkは2008年に閉鎖されました。 ただし、他の方法で子供に賄賂を贈る方法は次のとおりです。

  • 子供博物館. Via Flaminia 82. のすぐ北ポポロ広場。 1時間45分の訪問のための10.00、12、00、15.00および17.00での管理された入口。 月曜日と8月の大部分は休業。 Webサイトで最新情報を確認し、事前に予約することをお勧めします。 以前は路面電車の車庫に収容されていた、主に10代前の実践科学。
  • ビオパルコ。名前が変更されたローマ動物園。 ボルゲーゼ公園(北センター)の端に。
  • The時間エレベーター。デイ経由サンティアポストリ、20の間の脇道ヴェネツィア広場そしてそのトレビの泉。毎日10.30から19.30。 「5次元」では、生命の起源とローマの歴史、さらに「恐怖の館」を紹介しています。 気の弱い人のためではありません。座席はあちこちにあります。 子供たちはそれが大好きです。
  • ローマのワックス博物館。 67ピアッツァディサンティアポストリ、 の隣にヴェネツィア広場。この博物館についての良い報告はほとんどありません。 コメントを招待しました。
  • プラネタリウム。また、この博物館には優れた天文学博物館があり、ローマ文明博物館(EUR)に隣接しています。
  • バチカン彼らはしばしば楽しんでいますが、概して、子供にとっては素晴らしいアイデアではありませんシスティーナ礼拝堂美しさと、すべてがわずか4年で完成したという事実に感銘を受けました。 しかしシスティーナ礼拝堂非常に混雑しており、バチカン美術館の廊下を通るのはさらに悪い。 家族が離れることは簡単なので、待ち合わせ場所を決めます。 の最高の部分サンピエトロ大聖堂子供たちはドームの頂上に行くことができるということです。 500段ですが、エレベーターで3階まで上がることができます。 そこからは、323の別のステップがあります。 エレベーター(バチカン)の巨大な列があるので、すべての階段を登ったり、歩いたりできる年配の子供たちには楽しいです。
  • ズーマリン。イルカ、アシカ、エキゾチックな鳥、派手な乗り物、スイミングプール、ローマの南20キロ、ポメジア近く。 良い一日ですが、これが本当にローマに来た理由ですか? EURとポメジア駅からの無料送迎。 詳細については、Webサイトを確認してください。

子供博物館. Via Flaminia 82. ポポロ広場のすぐ北。 1時間45分の訪問のための10.00、12、00、15.00および17.00での管理された入口。 月曜日と8月の大部分は休業。 Webサイトで最新情報を確認し、事前に予約することをお勧めします。 以前は路面電車の車庫に収容されていた、主に10代前の実践科学。

ビオパルコ。名前が変更されたローマ動物園。 ボルゲーゼ公園の端([[Rome / North_Center | North Centre]])。

時間エレベーター。ヴェネツィア広場とトレビの泉の間の脇道にあるデイサンティアポストリ通り20番。 毎日10.30から19.30。 「5次元」では、生命の起源とローマの歴史、さらに「恐怖の館」を紹介しています。 気の弱い人のためではありません。座席はあちこちにあります。 子供たちはそれが大好きです。

ローマの蝋人形館。 67ヴェネツィア広場に隣接するサンティアポストリ広場。 この博物館についての良い報告はほとんどありません。 コメントを招待しました。

プラネタリウム。また、この博物館には優れた天文学博物館があり、ローマ文明博物館([[Rome / South | EUR]])に隣接しています。

バチカン子供たちはシスティーナ礼拝堂を楽しんでいることが多く、その美しさとすべてがわずか4年で完成したという事実に感銘を受けていますが、概して子供にとっては素晴らしいアイデアではありません。 しかし、システィーナ礼拝堂は非常に混雑しており、バチカン美術館の廊下を通過するのはさらに悪いことです。 家族が離れることは簡単なので、待ち合わせ場所を決めます。 サンピエトロ大聖堂の最も良いところは、子供たちがドームの頂上に行くことができることです。 500段ですが、エレベーターで3階まで上がることができます。 そこからは、323の別のステップがあります。 エレベーターには巨大な列があるので([[ローマ/バチカン|バチカン]])、すべての階段を登ったり、歩いたりできる年配の子供には楽しいです。

ズーマリン。イルカ、アシカ、エキゾチックな鳥、派手な乗り物、スイミングプール、ローマの南20キロ、ポメジア近く。 良い一日ですが、これが本当にローマに来た理由ですか? EURとポメジア駅からの無料送迎。 詳細については、Webサイトを確認してください。

  • ショーに参加してください。 たくさんの劇場がありますが、楽しむにはイタリア語を知る必要があります。 メインのコンサート会場は講堂ローマ北部のピエールドゥクーベルタン通りにあります。 の講堂パルコデッラムジカ楽器にインスパイアされた3つの独立したホールで構成される大きな複合施設です。 これらは、オープンエア円形競技場は、夏のほぼ毎晩コンサートに使用されます。 Theパルコデッラムジカ国内外のミュージシャンやグループをフィーチャーした、クラシック、ポピュラー、ジャズの音楽が絶え間なく流れています。 本当に大きな名前が夏に屋外でパフォーマンスします。通常、オリンピックスタジアムまたはスタディオフラミニオの隣にあるパルコデッラムジカ。冬のEURのパラロットは、重要なポップコンサートの会場です。
    何が入っているかの詳細を入手するには、ラレプブリカ木曜日の新聞。TrovaRoma。英語のページがいくつかありますが、イタリア語がなくても、主要なリストを解読できるはずです。 これは、ローマの半分がビーチに向かう7月下旬と8月には発行されません。 両方ともラレプブリカそしてイルメッサゲロ毎日のリストがあります。
  • ローマのエネルギーを歩いて感じてください。観光スポットはどこにでも発見されるのを待っています。
  • テヴェレ川のほとりを歩いたり自転車に乗ったりしてください。 ほとんどの橋の近くから川への階段があります。 いくつかは、自転車の車輪のための特別なランナーを持っています。 これはあなたを交通の煙から遠ざけ、ローマの別の見方を与えます。 水位が非常に高くなる可能性がある冬には、通常は不可能です。
  • トラステヴェレ地区を探索して、素晴らしいカフェやトラットリアを探しましょう。流行のローマ時代の街並みを垣間見ることができます。
  • サッカーを見るすなわちサッカー。 イタリアのサッカーのトップクラスであるAS RomaとSS LazioのセリエAで2つのチームがプレーしています。 彼らは共有しますスタディオオリンピコ、都市の北部で容量70,000。 2つのチーム間の試合は、ダービーデラキャピタル、そして非常に有罪とされた事件であり、群衆暴力が定期的に発生し、時には致命的な刺殺に至ることさえある。 市は、来たるEuro 2020トーナメントで試合を主催します。

  • エステートロマナフェスティバル。 6月下旬から9月上旬まで、ジャズ、ロック、クラシック音楽、映画、スポーツ、演劇、子供たちの楽しみなど、さまざまな音楽イベントが開催されます。
  • ホワイト・ナイト(ノッテ・ビアンカ)。ローマのノッテビアンカが音楽、ダンス、演劇のイベントを上演する間、9月上旬から中旬には、夜明けまでのさまざまなイベントに加えて、ショップやレストラン、美術館が営業しています。 巨大な群衆を期待してください。バスとトラムは一杯になります。
  • カラカラのオペラ, カラカラ浴場(ローマ/ Aventino-Testaccioを参照)。 夏の間にローマにいる場合は、カラカラ浴場の真にユニークな環境で歌詞オペラを体験するチャンスをお見逃しなく。 2009年のプログラムには、トスカ、カルメン、真夏の夜の夢が含まれていました。 パフォーマンスは21.00から始まります。
  • フェスタデルウニタ。これは、かつてイタリア共産党が公式新聞l'Unità(「ユニティ」)を宣伝するために組織した伝統的な人気のフェスティバルで、現在は民主党が運営しています。 毎年6月中旬にローマの遺跡地域で開催されるこのフェスティバルは、無料または低価格でさまざまなイタリア料理とワインを味わえる高品質の屋台で評判を築きました。 イベントには、ライブ音楽、文化的および文学的な会議が含まれます。

エステートロマナフェスティバル。 6月下旬から9月上旬まで、ジャズ、ロック、クラシック音楽、映画、スポーツ、演劇、子供たちの楽しみなど、さまざまな音楽イベントが開催されます。

ホワイト・ナイト(ノッテ・ビアンカ)。ローマのノッテビアンカが音楽、ダンス、演劇のイベントを上演する間、9月上旬から中旬には、夜明けまでのさまざまなイベントに加えて、ショップやレストラン、美術館が営業しています。 巨大な群衆を期待してください。バスとトラムは一杯になります。

カラカラのオペラ、カラカラ浴場(ローマ/アヴェンティーノテスタッチョを参照)。 夏の間にローマにいる場合は、カラカラ浴場の真にユニークな環境で歌詞オペラを体験するチャンスをお見逃しなく。 2009年のプログラムには、トスカ、カルメン、真夏の夜の夢が含まれていました。 パフォーマンスは21.00から始まります。

フェスタデルウニタ。これは、かつてイタリア共産党が公式新聞l'Unità(「ユニティ」)を宣伝するために組織した伝統的な人気のフェスティバルで、現在は民主党が運営しています。 毎年6月中旬にローマの遺跡地域で開催されるこのフェスティバルは、無料または低価格でさまざまなイタリア料理とワインを味わえる高品質の屋台で評判を築きました。 イベントには、ライブ音楽、文化的および文学的な会議が含まれます。

ショーに参加してください。 たくさんの劇場がありますが、楽しむにはイタリア語を知る必要があります。 メインのコンサート会場は講堂ピエール・デ・クーベルタン通り[[ローマ/北センター|ローマの北]]。 パルコデッラムジカの講堂は、楽器にインスピレーションを得た3つの独立したホールで構成される大きな複合施設です。 これらは野外円形競技場の周りに配置され、夏のほぼ毎晩コンサートに使用されます。 パルコデッラムジカでは、国内、国外のミュージシャンやグループをフィーチャーした、クラシック、ポピュラー、ジャズの音楽が絶えず流れています。 本当に大きな名前が夏に屋外でパフォーマンスします。通常は[[ローマ/北|オリンピックスタジアム]]またはパルコデッラムジカの隣にあるスタディオフラミニオにあります。 冬の[[Rome / South | EUR]]のパラロットは、重要なポップコンサートの会場です。

何が入っているかの詳細を入手するには、ラレプブリカ木曜日の新聞。TrovaRoma。英語のページがいくつかありますが、イタリア語がなくても、主要なリストを解読できるはずです。 これは、ローマの半分がビーチに向かう7月下旬と8月には発行されません。 両方ともラレプブリカそしてイルメッサゲロ毎日のリストがあります。

サッカーを見るすなわちサッカー。 イタリアのサッカーのトップクラスであるAS RomaとSS LazioのセリエAで2つのチームがプレーしています。 彼らは、市の北にある70,000人のスタディオオリンピコを共有しています。 2つのチーム間の試合は、ダービーデラキャピタル、そして非常に有罪とされた事件であり、群衆暴力が定期的に発生し、時には致命的な刺殺に至ることさえある。 市は次の[[ユーロ2020]]トーナメントで試合を主催します。

ローマでは、明らかに、人口は話しますイタリア語。道路標識はほとんどイタリア語です(「STOP」を除く)。 市内に滞在している場合は、英語の選択肢がたくさんあります。 ローマは人気の観光地であるため、多くの言語の地図や情報を入手できます。 警察官と交通機関の運転手は、あなたが移動するのを喜んで手伝うだけではなく、通常、より簡単に移動する方法を提供します。

一部の居住者はまだ古代の地方の方言を話します、ロマネスコ;しかし今日では、イタリア語がより一般的な母国語です。

英語ローマでは、若い世代や観光業界で働く人々が広く語っています。 多くの人は英語の知識が限られているため、ゆっくりと簡単に話すのが賢明です。 40歳以上では、確率ははるかに少なく、60歳以上はゼロと同じです。

ロマンス言語イタリア語以外、特にスペイン語、ポルトガル語、フランス語も、必ずしもイタリア語に類似しているため、かなり広く理解されていますが、必ずしも話されていません。

ローマ市場のスナップショットローマには、衣類やジュエリーから美術品や骨董品まで、あらゆる種類の優れたショッピングの機会があります。 特に郊外や郊外にある大きなデパート、アウトレット、ショッピングセンターもあります。

メインショッピングエリア含むコルソ通り, コンドッティ経由、および周辺の通り。 最高級のデザイナーショップコンドッティ経由コルソ通りより手頃な服を持っている、そして経由コーラディリエンツォ、トリトーネ通り、カンポデフィオーリ、パンテオンの周辺は、より安いアイテムを購入する場所です。 Upimは、実用的な品質の安価な衣料品の良い店です。 一部のブランド(Miss SixtyやFurlaなど)は優れていますが、それほど良くないブランドもあります。必ず衣服を感じて試着してください。 英国や米国に匹敵する価格で素晴らしい品質の靴と革のバッグもあります。 英国のサイズ16 / US 12よりも大きいサイズの服は、いつも見つけやすいとは限りません。 子供服は、デザイナー以外のショップでは€21ほどのベーシックベスト(タンクトップ)で高価になる可能性があります。 子供用の衣類を本当に購入する必要がある場合は、オビエッセ鎖。 7月15日頃に多くの店で夏のセールが始まり、ローマにも新年のセールがあります。

上記のように、コンドッティ経由ローマのトップオートクチュールファッションストリート(ニューヨークのフィフスアベニュー、ミラノのモンテナポレオーネ通り、ロンドンのボンドストリートに相当)。 ここでは、グッチ、アルマーニ、ディオール、バレンチノ、エルメスなどの有名ブランドや、他のいくつかの高級店を見つけることができます。 ただし、周辺の通りコンドッティ経由、 といったFrattina経由, バブイーノ通り, ボルゴニョーナ経由そしてそのスパーニャ広場ロベルトカヴァッリを含む、いくつかの優れたハイファッションブティックも提供しています。ドルチェ&ガッバーナ、ヴェルサーチ、プラダ、ジバンシー(およびその他いくつか)。 したがって、一度都市に入ると、大きなブティックの名前は欠かせません。 ただし、これらの豪華な通りでは、衣料品の買い物だけでなく、いくつかの本当に美しくてファンキーなジュエリー(ブルガリ、カルティエ、ティファニーズなど)、ペンやアクセサリー(モンブランなど)、芸術的な店があり、これらの通りにあります。

あなたが一日を過ごしたいなら大型ショッピングモール、ユーロ地区の近くには、約230のショップ(主に服とアクセサリー)とレストランがあるEuroma2があります。 テルミニからメトロB線に乗りますEURパラスポート駅から道を渡り、頻繁に運行する無料バス(乗車には5〜15分かかります)でモールに向かいます。 多くのショップや食べ物に加えて、真夏の間にローマにいる場合は、空調された空気と無料のトイレが大歓迎です。

偽のプラスチックがたくさんあります 'ルイヴィトン道路脇で販売されているバッグ。 イタリアでは偽造品の購入は違法であることに注意してください。 1000ユーロまでの罰金が報告されています。 危険を冒しても大丈夫な場合は、必ず交渉しましょう。無警戒な観光客は彼らのために最高60ユーロを支払います。

お土産や贈り物を購入したい場合は、観光地の通りにたくさんの屋台が並ぶので、リーズナブルな価格の美術館が一番です。 博物館のギフトショップにある同じアイテムの価格ははるかに高くなる可能性があります。

  • カステルロマーノ。ローマ近郊、ポンティーナ経由高速道路。 100以上のブランドショップがある非常に大きなファクトリーアウトレット。 その場所に行くには車が必要ですが、デザイナーショップでの30%割引は確かに20 kmの旅に値します。
  • ヴァルモントーネ。カステルロマーノよりローマから少し離れたところに、ナポリに向かう高速道路のヴァルモントーネアウトレットがローマからわずか50 kmのところにあります。 ヴァルモントーネ自体は楽しい小さな町-電車で30分です。

カステルロマーノ。ローマ近郊のポンティーナ通り沿い。 100以上のブランドショップがある非常に大きなファクトリーアウトレット。 その場所に行くには車が必要ですが、デザイナーショップでの30%割引は確かに20 kmの旅に値します。

ヴァルモントーネ。カステルロマーノよりローマから少し離れたところに、ナポリに向かう高速道路のヴァルモントーネアウトレットがローマからわずか50 kmのところにあります。 ヴァルモントーネ自体は楽しい小さな町-電車で30分です。

ローマには素晴らしいレストランがたくさんあり、特に夕方に外に座っているときは、魅力的な設定のレストランがたくさんあります。 良いレストランを探すために1つの場所を推奨することはできません。食事をするのに最高の場所のいくつかは最も見込みのない場所にありますが、よく整備されたレストランは、しばしば彼らの食べ物の品質よりも評判を守っています。 ガイドブックのレストランは良いかもしれませんが、「観光の罠」である可能性が高いため、価格が高騰する可能性があります。 銀行を壊さない本格的なレストランを見つけるには、より住宅地のどこか、または観光地の真ん中にない場所を探すようにしてください。

ローマの良いレストランの多くは見つけるのが難しいですが、良いヒントは、イタリア人が住んで食事をする場所に行くことです。 緑の古い山(モンテヴェルデヴェッキオ)の上には、手頃な価格で本格的なイタリア料理を楽しめるトラットリアがいくつかあります。 ローマには美しいスポットがたくさんありますので、ピクニックを作るために珍味を買うのは素晴らしい経験です。 Via Marmorataには、チーズ、生ハム、美味しいペストリーの素晴らしい品揃えで知られるVolpetti'sがあります(価格も!)。 より手頃な価格の選択肢は、地元のスーパーマーケットに行くことです。このスーパーマーケットにも、ランチに新鮮な食品が用意されています。

ほとんどのピザレストランは夕方のみ営業しています。 前菜にはバカラ(塩タラの衣)などの揚げ物を試してから、実際にローマ料理のピザを試してください。 ローマのピザは、非常に薄いクラストになる傾向があります。 再加熱がひどい冷凍ピザを手に入れるためだけに、現在の2倍の料金を支払うことが多い観光地を避けてください。 あなたの最善の策は、川を渡ってトラステヴェレにレストランを見つけることです。食べ物は本格的で、ローマのダウンタウンの他の場所よりもはるかに安いです。 必ずフォークとナイフで食べてください。ローマ人はこの種のピザを手で食べません。

ピザアルタリオは大きな鍋で調理された、より厚いクラストのピザです。 これは、通常はテイクアウトするためにピースによって提供され、何かを満たしてもらうための良い安価な方法です。 希望するものをポイントし、サーバーがナイフで示しているよりも多いか少ないかを示します。 重量で販売されています(表示価格は通常100 gあたりで、エット、の略エットグラモ、つまりhectogramm)。 この種のピザはサンドイッチのようにスライスを重ねて食べます。

を探すジェラテリア。内部に座るには通常追加の費用がかかることを忘れないでください。 最初にアイスクリームの支払いをします...レシートを受け取り、大勢を駆け抜けて味を選びます(イタリア人はラインを信じていません)。 あなたは尋ねられますパンナ?"ほぼ完成したとき-これはホイップクリームを上に乗せたものです。 すでに支払い済みの場合、これは無料です。

覚えておくべきいくつかの兆候があります: "プロドゥジオーネプロプリア"(自家製-私たち自身の生産)、"Nostra Produzione「(私たちの生産)」Produzione Artigianale」(職人による製作)。 色がくすんでいて、見苦しい場合はおそらく自然で、明るい色は単なる混合です。 覚えておいてください、イタリア人は通常キューに入れませんが、ジェラートに並ぶなら、自分で列を作ってください:あなたは大当たりをしたかもしれません。 試してみるプロデューサージェラートディサンクリスピノ; ジョリッティ;そしてファッシ.

菜食主義者は簡単な時間を持っている必要があります。 多くのレストランのビュッフェには、通常、幅広い種類のおいしいベジタリアン料理があります。グラタンローストペッパー/ナスなどビーガン大丈夫です。ピザは常にチーズを持っているわけではありません-たとえば、マリナーラはトマト、ニンニク、オレガノです。

選択肢はあまりありませんが、少なくともローマのコーシャ料理は本当に素晴らしいです。 試すラタベルナデルゲットーユダヤ人街の中心に。

パドヴァ経由のシナゴーグの近く、「ラサピエンツァ」大学と地下鉄ボローニャ駅の近くにさらに多くの場所があります。

あなたはローマで安い食べ物を手に入れることができます、問題はあなたが街をよく知らないか、中心部で外食を余儀なくされた場合、価格が上がるということです。

  • €3.50-あなたはピザを買って歩き回って食べます、それはそれがシッティングエリアのないパン屋だからです。 食べたい量を選択できますが、スライスごとに約2ユーロ+ソーダの缶に約1.5ユーロ、または水に1ユーロを費やします。
  • 15〜20ユーロ-ランチタイムにレストランに行く場合、セットメニューに15ユーロ(常に良いとは限りません。イタリアのオフィスの人々がランチを一番の賭けとして食べているところを見てください)と20ユーロの間を費やします。 このためにはパスタ料理とコーヒーで終わる2番目のコース(肉)を取得する必要があります。 もちろん、特別なワインをお持ちの場合は、価格が高くなります。
  • €20-夜はピザレストランで、またはメインコースが1つしかない場合は約€20を費やすことができます。 繰り返しになりますが、特別なワインをお持ちの場合は、さらに高くなります。 まともなレストランで手に入る最も安い食べ物は、ピザマリナラ(チーズなし)で約6ユーロです。 トッピング次第でそこから値段が上がる。
  • €20以上-レストランでの座ったランチまたはディナーの場合、20ユーロが安く、希望する場合は1頭200ユーロまで引き上げることができます。

中華レストランはまだかなり安いですが、他のエスニックレストラン(タイ、インド)は一般的に高価です(1人あたり€30以上と考えてください)。 寿司は非常に高価です(1人あたり最低40ユーロ)。

ウェイターは、必須ではなく、法律により価格に含まれるべきですが、注文したものよりも高価なアイテムを持ち込んだり、チップを要求したりして、常連客を利用することが知られています。

€3.50-あなたはピザを買って歩き回って食べます、それはそれがシッティングエリアのないパン屋だからです。 食べたい量を選択できますが、スライスごとに約2ユーロ+ソーダの缶に約1.5ユーロ、または水に1ユーロを費やします。

15〜20ユーロ-ランチタイムにレストランに行く場合、セットメニューに15ユーロ(常に良いとは限りません。イタリアのオフィスの人々がランチを一番の賭けとして食べているところを見てください)と20ユーロの間を費やします。 このためにはパスタ料理とコーヒーで終わる2番目のコース(肉)を取得する必要があります。 もちろん、特別なワインをお持ちの場合は、価格が高くなります。

€20-夜はピザレストランで、またはメインコースが1つしかない場合は約€20を費やすことができます。 繰り返しになりますが、特別なワインをお持ちの場合は、さらに高くなります。 まともなレストランで手に入る最も安い食べ物は、ピザマリナラ(チーズなし)で約6ユーロです。 トッピング次第でそこから値段が上がる。

€20以上-レストランでの座ったランチまたはディナーの場合、20ユーロが安く、希望する場合は1頭200ユーロまで引き上げることができます。

スターバックスはこれまでのところローマを避けてきました。 そして当然のことですが、イタリアンコーヒーは素晴らしいので、シアトルの友人たちは多くの競争に直面します。 あラテイタリア語では牛乳のガラスです。 そのグラスでコーヒーを期待している場合は、カフェラテ。あラテマキアート(「マーク」の意味)は、エスプレッソの小さなショットで染色した蒸し牛乳です。 「エスプレッソ」または「ノーマル」はそれだけですが、より一般的にはカフェ. エスプレッソドッピオエスプレッソのダブルショットを意味しますが、エスプレッソマキアートエスプレッソは、蒸した牛乳を軽く塗ったものです。アメリカーノ—フィルターコーヒーが好きなら注文するもの—はエスプレッソをお湯で薄め、イタリア人があまり飲まないものです。カプチーノイタリア以外ではよく知られていますが、注意してください。午前11時以降に(そして確かに食事後に)注文するのは非常に上品で、やや子供っぽいと考えられています。デカフェネイト自明ですが、多くの場合、一般的なブランド名で呼ばれますカフェハグ.

ハウスワインほとんどの場合、飲用可能で安価です(たとえば、英国とは異なります)。 いくつかの場所でワインを飲み干しているローマのほとんどの施設では、ハウスワインよりもボトルを注文した方がよいでしょう。 あなたはしばしばあなたのためにテーブルの上にワインのボトルを見つけるかもしれません。 信じられないかもしれませんが、このボトルはアメリカやイギリスのグラスよりも安価で、たぶん€4または€5です。 これは、本当に観光客の罠のように見える場所には必ずしも当てはまりません! やや上質のワインは、通常、店頭価格で比較的小さな値上げで販売されます。 ほとんどのローマ人は食事とともに水を飲みます。 レストランでは通常1リットルのボトルに入っており、ノーマル(蒸留水)またはGassata(炭酸水)。

指定で無料噴水、「nasone」(大きな鼻)と呼ばれます。 これらのいくつかは古代にさかのぼり、水はまだ非常に良いです。 ローマの有名な地下水から湧き出る新鮮な湧き水で、安全に飲むことができます。 空のボトルを運ぶ場合は、その日の残りの時間のためにそれをいっぱいにしてください。 一定の流水で飲用噴水を探し、下の穴に栓をすると、冷たい水が蛇口の上の小さな穴から流れ出ます。 野良犬は飲み物を好む傾向があるので、唇を下の穴の周りに置かないでください。

食前酒(食前酒)小さなオードブル(前菜)を添えた料理は、ローマ人に非常に人気があります。 1)20〜30代のシックなユッピーが周囲に群がるコッペル広場(議会の後ろ)とピエトラ広場(商工会議所の近く); 2)若い世代は、広場や通りに広がっていますカンポデフィオーリ3)誰もがパンテオンの後ろの狭い通りで酒を飲みます(パスキノ広場そしてデルゴヴェルノヴェッキオ経由)。

カンポデフィオーリは人気の飲酒スポットです探求の心を考えると、テスタッチョ週末のディナー後のパーティーに出かける場所です。 23:00頃にそこに向かいます(メトロB線に乗り、ピラミドステーション)と音楽を聴きます。 通常、通りを歩いたり、駐車場を探したりする人がたくさんいます。 勇敢になり、歩き、いくつかの素晴らしいローマ人に会います。 このエリアは冬に最適です。 夏には、ローマから車で45分の海辺のオスティアとフレジェネにダンスが移ります。 ローマの多くのクラブは夏の間休業します。

多くの訪問者はローマのパブ巡りを楽しみます。 Theコロッセオパブクロールたとえば、1999年からパーティーを開催しています。

の東へテルミニ駅、そして最初のローマ大学「ラ・サピエンツァ」の近くには、サンロレンツォ地区には、大学生や20代の若いローマ人が夜を過ごすパブやクラブがたくさんあります。 土曜日の夜、通りはパブからパブへと移動する人々で混雑しています。 鉄道の市側、近くサンタマリアマッジョーレ大聖堂は、いくつかの素晴らしいアイリッシュパブです。フィドラーの肘、ローマで最も古い町で、英語を話す多くの居住者やイタリア人の顧客がパイントをすすりたいと思っています。 英語を話すローマ人に会うのに良い場所です。 また、近くにありますドルイドの巣窟とドルイドの岩 .

オンナツィオナーレ通りと呼ばれる巨大で美しいパブがありますフラン・オブライエン、ローマで最大の1つ。 近くの同じ通りヴェネツィア広場を含むパブの別のクラスターがありますTheナグの頭スコティッシュパブ。 22.00以降はディスコのようになるため、非常に高価です。 ファーストドリンクの入場料は€13、ドリンクは€8です。 真夜中になる前に、ライブミュージックコンサートを主催することもあります。 同じエリアで、ビアの初めにヴィットリオエマヌエーレあなたが見つけることができるIIスカラーズラウンジアイリッシュパブ素敵な音楽で。 これは一見の価値がありますが、踊る余地はありません。 冬の間、ローマに住むアメリカの大学生は、ここでアルコール度の高い夜を過ごします。 また近くにありますトリニティカレッジアイリッシュパブ。飲み物はそこで非常に高価です。

また経由でヴィットリオエマヌエーレ、近くナヴォーナ広場、ありますブルドッグズインイングリッシュパブ。 DJはそこでとても良い音楽を演奏し、踊る余地がありますが、そうする人はほとんどいません。 近くにカンポデイフィオーリいくつかの混雑したパブがあります。 注意してください、そこには巨大で深刻な戦いがありました。 後ろの狭い通りナヴォーナ広場行くところもたくさんあります。 試すジョナサンの天使デルフィコ通りにあります。 またアビーシアターアイリッシュパブ良い場所ですデルゴヴェルノヴェッキオ経由.

テベレ川(テヴェレ川)の反対側にはトラステヴェレ飲食店が多い地区。 夜は混雑した通りで散歩を楽しむのにも良い場所です。 夏の時間にティベリナ島、テヴェレ島の島、一時的なバーが建てられており、あらゆる種類のアクティビティがあります。

中心から遠い他にも良い場所があります。 Theパラカヴィッキチャンピーノと呼ばれる郊外の小さな町では、ラテンアメリカを中心にさまざまな種類の音楽を演奏するマルチダンスルームがあります。 あなたは間違いなくそこに着くためにタクシーを得る必要があり、それは€20未満の費用はかかりません。 チャンピーノ空港の南にアイスクラブアイススケート、そしてカービィそしてそのジェロニモパブ。 それらのすべては素晴らしい場所です。 でジェロニモ真夜中の前のパブでは通常、さまざまなジャンルをカバーする多くのバンドによるライブミュージックコンサートがあります。 コンサート後の金曜と土曜の夜には、ディスコ音楽を演奏します。 入場無料ですので、ご自由にお飲みいただけます。 とても涼しい場所で、あらゆる予算に対応できます。 残念ながらそこに行くにはタクシーが必要です。

流暢な英語を話すこれらのローマ人は、通常、観光客に大きな自信を持っているので、ビールを提供するだけで、ローマでのナイトライフについての秘訣を教えてくれます。

ディスコ: 多くの美しいディスコがあります。 残念ながら、街は巨大で、非常に優れたガイドがいない限り、簡単に見つけることはできません。

開始する最良の方法は、最も確立されたものからです:パイパー、ギルダ、エイリアン、それらすべてがMidra Srl。彼らのウェブサイトは故郷を書くものではありませんが、電話番号と住所を発見するために使用することができます。ギルダ近くにありますスペイン階段、そしてテルミニ駅からそれほど遠くない他の人々。 夏の間、彼らはフレジェネ(フィウミチーノとオスティアの北)の海辺に移動する場所に近づきます。ギルダオンザビーチ見つけることができます。

パブのビール1パイントは通常約6ユーロ、ディスコの入場料は約20ユーロで、最初のドリンクが含まれています。 ディスコのドリンクは約10ユーロです。

金曜の夜になる場所の一つはジャルディーノデッレローズカシリーナヴェッキア1経由(どちらかと言えば中央ですが、タクシーでのみアクセス可能):オープンエアのバーとテーブルのある豪華な庭園。 2つの大きなディスコはムッカ・アサシナデルガゾメトロ経由でクラシコオスティエンセ経由で。 平日の夕食後のメインの待ち合わせ場所は出てくる(コロッセオの正面にあるバー)ゲイのローマ人や観光客が一年中集まる場所ですが、夏や深夜のクラブでは圧倒的に混雑しています。ハンガーVia in Selci(メトロラインA、下車)マンゾーニ駅)。 最高のサウナ(週末は24時間営業)は、アウレリアーナ経由のヨーロッパマルチクラブ(Piazza Esedraの後ろ、メトロラインA)です。共和国駅)。 ゲイの日と(特に)夜の待ち合わせ場所はモンテカプリーノ、市庁舎の後ろのパラタインの丘の上の公園(ヴェネツィア広場)古代ローマの寺院や遺跡の壮大な景色を楽しめます。

- コルソ通り、Largo Goldoni、電話。 :68136061

- サンタンジェロ城、ピアッツァピア、電話。 :68809707

- フォリインペリアーリ、Piazza Tempio della Pace、tel。 :69924307

- ナヴォーナ広場, チンクエルネ広場、電話。 :68809240

- ナツィオナーレ通り、Piazza delle Esposizioni、電話。 :47824525

-トラステヴェレ、サンソンニーノ広場、電話。 :58333457

- サンジョバンニラテラーノ、ピアッツァサンジョバンニ、電話。 :77203535

- サンタマリアマッジョーレ、dell_OLmata経由、電話。 :4740995

-テルミニ(到着)、Piazza dei Cinquecenti、電話。 :47825194

-テルミニ、ガレリアゴンマタ、ターミナル4、電話。 :48906300

-Fontana di Trevi、Via Marco Mingehtti、電話。 :3782988

観光案内所(PIT)、毎日09:00-18:00

ローマ人は定期的に外国人や観光客と交流します。イタリア語をある程度知っていれば、フレンドリーなサポートを見つけるのは難しくありません。 イタリアのほとんどすべての場所については、丁寧にしてください。そうすれば、それほど問題はありません。

通りを歩いているときに荷物や肩を誰かにぶつけたら、「ごめんなさい」と言ってください(ミ・スクシ):非常に忙しいにもかかわらず、ローマはロンドンやニューヨークではなく、先に進むことは悪い行動と見なされますが、少し謝罪で十分です。

バスや電車の中で、利用できるスペースがない場合は、高齢者に席を確保してください。 ジェスチャーは高く評価されます。 ローマ人やイタリア人も同様に、列に並んでいる間は非常に無秩序であり、特定の順序なしでしばしば「まとまり」があります。それは無礼と見なされますが、とにかくそうします。 運転中は注意してください 多くの場合、ローマ人は必死に運転し、交通渋滞に対処するためにルールを曲げます。

あなたが女性の場合、男性から呼ばれることがあります。 相互作用を避ける方が安全です。

モンテジャニコロで衛兵のイタリアのカラビニエール一人旅の女性にとっても、ローマは一般的に安全な場所です。 しかし、周りでレイプ事件がありましたローマテルミニ駅なので夜は特に気をつけてね。 凶悪犯罪はほとんどありませんが、観光客を狙った詐欺やスリがたくさんあります。 他の大都市と同じように、観光客のようには見えない:カメラやビデオカメラをすべての人や雑貨に展示しないで、お金を安全な場所に保管してください。 意識と警戒は、ローマで犯罪の犠牲者になることを回避するための最良の保険です。 スリや別の詐欺の被害者の場合は、「アイウト、アル・ラドロ」と叫んでも大丈夫です。 (助けて、泥棒!)ローマ人は泥棒に良くないでしょう。

あなたが犯罪の被害者である場合、イタリアの国民は同情する可能性が高いです。 警察は常に役立つとは限らないが、一般的に友好的でもある。 カラビニエリ(黒のユニフォーム、赤の縞模様のズボン)は軍の警察であり、ポリツィア(青とグレーのユニフォーム)は民間人ですが、どちらも基本的に同じことを行い、同等に良いか悪いかです。 強盗された場合は、警察署を見つけて報告してください。 これは、安全な保険金請求を確立し、文書を置き換えるために不可欠です。しかし、それがあなたの所有物の返還をもたらす可能性は、かなり遠く離れています。

ローマにはライバルのセリエAが2人いるサッカークラブ、A.S。ローマとS.S.ラツィオ、そして両者の間には紛争、さらには暴動の歴史があります。 特にローマダービー中(2つのクラブが互いにプレーしているとき、イタリア語ではダービーデラキャピタル):他のクラブの支持者のグループに迷い込むことも避けてください。さもないと、口論したり、対立したりする可能性があります。 安全にプレーし、ライバル関係に精通していない限り、どちらのクラブも公然とサポートすることは控えてください。 ローマでプレーしている外国チームのファンなら、十分気をつける過去数年にわたって多くの支持者が刺されたためです。

ローマは観光地として非常に人気があるので、特に混雑した場所では大量のスリとバッグやハンドバッグのひったくりが発生し、ローマのスリはかなり巧妙になります。 2010年の調査によると、ローマは観光客のスリでバルセロナに次いで2番目でした。 原則として、あなたはかなり外のポケットに貴重品を入れてはいけません特にパンツのフロントポケットは、最も簡単で最も一般的なターゲットの1つです。 財布をフロントポケットやバッグに入れておくことは安全ではありません。 あなたはお金のベルトの使用を検討し、その日の現金だけをポケットに入れて運ぶべきです。 メトロでのスリは、ちょうど出発しようとしている電車に飛び乗る若い女の子(8〜12歳)のギャングの形で蔓延しています。 彼らはあなたをバフェットし、彼らの手がどこにあるか隠すためのバッグを持っています。 警告されました!

また、泥棒にも注意してください。彼らが使用する1つの一般的なテクニックは、モペットに乗って、ハンドバッグのストラップをナイフで切り、乗車することです。 彼らはまた、あなたのバッグの底を開けて、地面からあなたの財布を選ぶことを試みるかもしれません。 他の人があなたの気をそらそうとする(タバコを求めたり奇妙なダンスをしたりする)昔のトリックを使いながら、別の泥棒が後ろからポケットを拾います。 物乞いの子供たちのバンドが時々あなたを混雑させ、新聞や段ボールのシートの下にポケットに手を伸ばします。 混雑している場合でも、近づき過ぎている奇妙な人に非常に注意することは、一般的に良い考えです。 誰かがあなたの個人的なスペースにいる場合、その人を遠ざけます。 よく行く旅行者の一人が言ったように、「ローマでディックになるのを恐れないで」。 盗まれるよりも失礼なほうがいいです。

テルミニ(主要鉄道駅)、エスクイリーノ、64番バス(テルミニからサンピエトロ)、そしてトレビの泉はスリでよく知られているので、これらの領域では特に注意してください。 特にメトロでは、スリは非常に熟練しています。 ホテルの部屋はない貴重品の安全な場所。部屋に金庫がない場合は、貴重品をホテルのスタッフに渡して保管してください。 たとえ金庫があったとしても、ホテルは通常、アイテムがメインの金庫に預けられない限り、責任を負わないことを警告します。 メトロ/電車に乗り降りするときは、特にドアが閉まろうとしているときは注意してください。 泥棒は「ドアを開く」ボタンを押すことで役立つふりをします。そして、列車に感謝の気持ちで押し込み、息を止める間、彼らはあなたに寄り添い、ポケットを選ぶか、ハンドバッグや財布に浸します。 危険に注意し、通常の予防策を講じれば大丈夫です。

観光客に関する伝説を読む詐欺。それらのほとんどはローマで定期的に発生し、あなたはそれらが来るのを見たいと思うでしょう。

特定の詐欺は、私服警官があなたに近づき、「麻薬のお金」を探すか、またはあなたのパスポートを見ることを頼むときです。 これはあなたのお金を取る詐欺です。 あなたは彼らのIDを尋ねることによってそれらを怖がらせることができます。Guardia di Finanza(灰色のユニフォームのもの)税関作業を行います。

別の詐欺は、近くで働いている男性を含みますスペイン階段、周りナヴォーナ広場、そしてコロッセオの外。 彼らはあなたに近づき、どこから来たのか尋ねて、手首にブレスレットを結び始めます。 完了すると、ブレスレットごとに€20以上が請求されます。 誰かがあなたの手に手を伸ばそうと試みた場合は、素早く撤回してください。 閉じ込められた場合、支払いを拒否できますが、周囲に人が少ない場合は賢明ではないかもしれません。 財布に小銭を入れたり、小銭を入れたりするので、ブレスレットの支払いに追い詰められた場合は、1ユーロまたは2ユーロで十分だと思い込むことができます。

取るときタクシー、カードのドアに記載されているライセンス番号を忘れないようにしてください。 ほんの数秒で、人々はタクシー代を10ユーロ以上も引き上げました。 タクシーの運転手にお金を渡すときは注意してください。

気をつけて詐欺の男性コロッセオやサーカスマキシマス。車があなたの隣に停車する可能性があり、ドライバーがバチカンまでの道順を尋ねます。 彼は彼の車に座っている間あなたとの会話を開始し、彼が大きなフランスのファッションハウスの営業担当者であることを伝えます。 それから彼はあなたが彼があなたを好きで、彼にあなたに数千ユーロの価値があるコートの贈り物を与えたいと言ってくれるでしょう。 コートが入っているバッグを手に入れるために彼の車の内側に手を伸ばすと、彼の車はほとんど空になっているので、彼はガソリンに200ユーロを要求します。 のような観光地の周りトレビの泉、コロッセオとスペイン階段安いお土産を売ろうとする男性のグループがほとんどです。 彼らはまた、バラを運んで、彼らがあなたを好きだからあなたに贈り物を与えていると言うかもしれませんが、あなたが彼らの「贈り物」を取ると、彼らはお金を要求します。 彼らはしばしば非常に執拗であり、しばしばそれらを取り除く唯一の方法は明白な失礼であることです。 彼らがお金を求めてあなたについて行くので、彼らの「贈り物」を受け取らないようにできる限り最善を尽くしてください。 「いいえ」または「立ち去る」と言うだけで、次のベンダーがあなたに近づくまで、それらはあなたの背中から離れます。

通貨を変更する場所に注意してください。 両替する前にすべての標識をお読みください 多くの場合、通貨交換のために設定された場所では、取引されるすべてのお金に20%ものサービス料が追加されます。 バチカンの近くの店は特に高いサービス料を持っていますが、近くの場所はトレビの泉より合理的になります。 最善の策は、母国を離れる前に十分なお金を両替することです。 街中にはテーブルの下にあり、アメリカのお金に興味がある場所はほとんどありません。 これらの場所ではサービス料は無料です。

詐欺を回避するための最善のアドバイスは、彼らがあなたに話し始める前にあなたが見たことがない誰からも離れることです。

緊急時には、112(カラビニエリ)、113(警察)、118(医療救急)、または115(消防士)に電話してください。 大使館または領事館の住所を携帯してください。

ローマでの休暇に必要なその他のことについては、観光大臣039.039.039の公式ヘルプラインにお問い合わせください。 月曜日から日曜日まで、9.00から22.00まで、7つの言語で週7日。

  • 警察。盗難を報告するには、通常、盗難が発生した最寄りのカラビニエリ駅に行く必要があります。 犯罪現場の人々にどこに行くべきか尋ねる。
  • 左荷物テルミニ。テルミニに荷物を預けることもできますが、それらには十分なセキュリティがあり、X線装置が1台しかないため、+ 100人の列を作ることができます。 最初の5時間は1袋(サイズに関係なく)あたり約4ユーロ、その後は1時間あたり0.80ユーロです。 バッグをそれぞれ20 kgに制限する標識がありますが、(私が見たように)それらを計量するための設備がないため、おそらく強制されていません。
  • スプラッシュネットランドリー、インターネット、左荷物、Via Varesi 33、テルミニの西100 m。 荷物1個につき€2(およびインターネットの15分込み)。

  • アフガニスタンアフガニスタン, ノメンターナ経由120電話=。
  • オーストラリアオーストラリア、Via Antonio Bosio 5、+ 39 06 85 2721。 月〜金08:30-16:00
  • オーストリアオーストリア、Via Pergolesi 3、+ 39 068440141。 月〜金09:00〜12:00。
  • アゼルバイジャンアゼルバイジャン、ヴィアーレレジーナ・マルゲリータ1、2ピアノ、00198、+ 39 06 85 30 55 57。
  • ブラジルブラジル, ナヴォーナ広場、14、+ 39 06 683-981。 月〜金09:00〜17:00。
  • ブルガリアブルガリア、Via Pietro Polo Rubens 21、+ 39 06 322 46 40、+ 39 06 322 46 43。 月〜金09:00〜17:00。
  • カナダカナダ、Zara 30経由、+ 39 06 44598 1。
  • 中国中国、Via Bruxelles 56、+ 39 06 8413458。
  • クロアチアクロアチア、Via Luigi Bodio 74/76、+ 39 06 363 07650。 月〜金09:30〜12:30。
  • デンマークデンマーク、Via deiモンティパリオーリ50、+ 39 06 9774 831。 月〜金08:00〜17:30。
  • エジプトエジプト, サラリア経由267、+ 39 06 8440-1976。 月〜金09:00〜17:00。
  • エストニアエストニア、Ambasciata di Estonia、Viale Liegi 28 int。 5、+ 39 06 844 075 10。 月〜金09:00〜12:00。
  • フィンランドフィンランド, アンバシアタディフィンランディア、Via Lisbona 3、+ 39 06 852 231。 月〜金08:00〜17:30。
  • フランスフランス, ファルネーゼ広場67、+ 39066 86011。
  • ドイツドイツ、Ambassciata di Germania、Via San Martino della Battaglia 4、+ 39 06 49 213-1。
  • ギリシャギリシャ、Ambassciata di Grecia、Via S. Mercadante 36、+ 39 06 853 7551。
  • ハンガリーハンガリー、メッシーナ経由、15 00198ローマ、+ 39 06 442 49938、+ 39 06 442 49939。
  • インドインド、Via XX Settembre、5、00187 Rome(イタリア)、+ 39 06 4884642(/ 3/4/5)。
  • インドネシアインドネシア、Via Campania 55、00187、+ 39 06 4200911。
  • アイルランドアイルランド、Piazza di Campitelli 3、+ 39 06 6979 121。 月〜金10:00〜12:30、15:00〜16:30。
  • リトアニアリトアニア、Viale di Villa Grazioli 9、+ 39 06 855 90 52、+ 39 06 854 04 82。 月〜金07:00〜17:00。
  • マケドニアマケドニア、Via Bruxelles 73/75、+ 39 06 8419868、+ 39 06 84241109。 月〜金09:00〜17:00。
  • マレーシアマレーシア, ノメンターナ経由、297、+ 39 06 8415764。 09:00-16:00(昼休みなし)。
  • マルタマルタ、Lungotevere Marzio 12、+ 39 06 6879990。
  • オランダオランダ、Via Michele Mercati 8、+ 39 06 3228 6001。 月〜金08:00〜17:30。
  • ニュージーランドニュージーランド、Via Zara 28、+ 39 06 441 7171。
  • ノルウェーノルウェー、Via delle Terme Deciane 7、+ 39 06 571 7031。
  • パキスタンパキスタン、Via Della Camilluccia 682、00135、+ 39 06 36 1775。 月〜金09:30〜16:20。
  • ポーランドポーランド、P.P。Rubens経由、20、+ 39 06 36 20 42 00、+ 39 06 36 20 42 04、+ 39 06 36 20 42 17。
  • ルーマニアルーマニア、Via Nicolo Tartaglia、36、+ 39 06 808 45 29、+ 39 06 807 88 07、+ 39 06 808 35 37。 月〜金08:30〜13:00; 14:00-17。:30。
  • ロシアロシア、+ 39 06 4941680、+ 39 06 4941681。
  • セルビアセルビア、Via deiモンティパリオーリ20、+ 39 06 320 07 96、+ 39 06 320 08 90、+ 39 06 320 09 59、+ 39 06 320 08 05(終夜)。 テレックス616-303
  • スロベニアスロベニア、Via Leonardo Pisano 10、+39 06 80 914 310、+ 39 335 80 64 552(終夜)。
  • 南アフリカ南アフリカ、Via Tanaro 14、+ 39 06 85 25 41。 月〜金08:00〜16:30。
  • スペインスペイン, ボルゲーゼ宮、Largo Fontanella di Borghese 19、+ 39 06 684 04 011。
  • 七面鳥七面鳥、28、Via Palestro 00185、+ 39 06 445 941。
  • ウクライナウクライナ、経由グイドダレッツォ、9、+ 39 06 841 26 30。
  • イギリスイギリス、Via XX Settembre 80 / a、+ 39 06 4220 0001、+ 39 06 4220 0001(緊急領事館ヘルプ)。 予約のみ。
  • アメリカアメリカ合衆国、経由ヴィットリオ・ヴェネト119 / A、+ 39 06 4674 1。 月〜金08:30 AM-17:30。
  • ベネズエラベネズエラ、ViaNicolòTartaglia、11、+ 39 06 807 97 97。 月〜金09:30 AM-13:00、14:00-17:00。

アフガニスタンアフガニスタン、Via Nomentana 120 phone =。

オーストラリアオーストラリア、Via Antonio Bosio 5、+ 39 06 85 2721。 月〜金08:30-16:00

オーストリアオーストリア、Via Pergolesi 3、+ 39 068440141。 月〜金09:00〜12:00。

アゼルバイジャンアゼルバイジャン、Viale Regina Margherita 1、2ピアノ、00198、+ 39 06 85 30 55 57。

ブラジルブラジル、ナヴォーナ広場、14、+ 39 06 683-981。 月〜金09:00〜17:00。

ブルガリアブルガリア、Via Pietro Polo Rubens 21、+ 39 06 322 46 40、+ 39 06 322 46 43。 月〜金09:00〜17:00。

カナダカナダ、Zara 30経由、+ 39 06 44598 1。

中国中国、Via Bruxelles 56、+ 39 06 8413458。

クロアチアクロアチア、Via Luigi Bodio 74/76、+ 39 06 363 07650。 月〜金09:30〜12:30。

デンマークデンマーク、Via dei Monti Parioli 50、+ 39 06 9774 831。 月〜金08:00〜17:30。

エジプトエジプト、Via Salaria 267、+ 39 06 8440-1976。 月〜金09:00〜17:00。

エストニアエストニア、Ambasciata di Estonia、Viale Liegi 28 int。 5、+ 39 06 844 075 10。 月〜金09:00〜12:00。

フィンランドフィンランド、Ambassciata di Finlandia、Via Lisbona 3、+ 39 06 852 231。 月〜金08:00〜17:30。

フランスフランス、Piazza Farnese 67、+ 39066 86011。

ドイツドイツ、Ambassciata di Germania、Via San Martino della Battaglia 4、+ 39 06 49 213-1。

ギリシャギリシャ、Ambassciata di Grecia、Via S. Mercadante 36、+ 39 06 853 7551。

ハンガリーハンガリー、メッシーナ経由、15 00198ローマ、+ 39 06 442 49938、+ 39 06 442 49939。

インドインド、Via XX Settembre、5、00187 Rome(イタリア)、+ 39 06 4884642(/ 3/4/5)。

インドネシアインドネシア、Via Campania 55、00187、+ 39 06 4200911。

アイルランドアイルランド、Piazza di Campitelli 3、+ 39 06 6979 121。 月〜金10:00〜12:30、15:00〜16:30。

リトアニアリトアニア、Viale di Villa Grazioli 9、+ 39 06 855 90 52、+ 39 06 854 04 82。 月〜金07:00〜17:00。

マケドニアマケドニア、Via Bruxelles 73/75、+ 39 06 8419868、+ 39 06 84241109。 月〜金09:00〜17:00。

マレーシアマレーシア、Via Nomentana、297、+ 39 06 8415764。 09:00-16:00(昼休みなし)。

マルタマルタ、Lungotevere Marzio 12、+ 39 06 6879990。

オランダオランダ、Via Michele Mercati 8、+ 39 06 3228 6001。 月〜金08:00〜17:30。

ニュージーランドニュージーランド、Via Zara 28、+ 39 06 441 7171。

ノルウェーノルウェー、Via delle Terme Deciane 7、+ 39 06 571 7031。

パキスタンパキスタン、Via Della Camilluccia 682、00135、+ 39 06 36 1775。 月〜金09:30〜16:20。

ポーランドポーランド、P.P。Rubens経由、20、+ 39 06 36 20 42 00、+ 39 06 36 20 42 04、+ 39 06 36 20 42 17。

ルーマニアルーマニア、Via Nicolo Tartaglia、36、+ 39 06 808 45 29、+ 39 06 807 88 07、+ 39 06 808 35 37。 月〜金08:30〜13:00; 14:00-17。:30。

ロシアロシア、+ 39 06 4941680、+ 39 06 4941681。

セルビアセルビア、Via dei Monti Parioli 20、+ 39 06 320 07 96、+ 39 06 320 08 90、+ 39 06 320 09 59、+ 39 06 320 08 05(終夜)。 テレックス616-303

スロベニアスロベニア、Via Leonardo Pisano 10、+39 06 80 914 310、+ 39 335 80 64 552(終夜)。

南アフリカ南アフリカ、Via Tanaro 14、+ 39 06 85 25 41。 月〜金08:00〜16:30。

スペインスペイン、パラッツォボルゲーゼ、ラルゴフォンタネッラディボルゲーゼ19、+ 39 06 684 04 011。

七面鳥七面鳥、28、Via Palestro 00185、+ 39 06 445 941。

ウクライナウクライナ、Via Guido d'Arezzo、9、+ 39 06 841 26 30。

イギリスイギリス、Via XX Settembre 80 / a、+ 39 06 4220 0001、+ 39 06 4220 0001(緊急領事館ヘルプ)。 予約のみ。

アメリカアメリカ合衆国、Vittorio Veneto 119 / A経由、+ 39 06 4674 1。 月〜金08:30 AM-17:30。

ベネズエラベネズエラ、ViaNicolòTartaglia、11、+ 39 06 807 97 97。 月〜金09:30 AM-13:00、14:00-17:00。

  • シンガポールシンガポール, Frattina経由、89、+ 39-06 69940398。 月〜金09:30〜13:00。

シンガポールシンガポール、Via Frattina、89、+ 39-06 69940398。 月〜金09:30〜13:00。

警察。 [[盗難]]を報告するには、通常、盗難が発生した最寄りのカラビニエリ駅に行く必要があります。 犯罪現場の人々にどこに行くべきか尋ねる。

左荷物テルミニ。テルミニに荷物を預けることもできますが、それらには十分なセキュリティがあり、X線装置が1台しかないため、+ 100人の列を作ることができます。 最初の5時間は1袋(サイズに関係なく)あたり約4ユーロ、その後は1時間あたり0.80ユーロです。 バッグをそれぞれ20 kgに制限する標識がありますが、(私が見たように)それらを計量するための設備がないため、おそらく強制されていません。

スプラッシュネットランドリー、インターネット、左荷物、Via Varesi 33、テルミニの西100 m。 荷物1個につき€2(およびインターネットの15分込み)。

  • メトロポリタンローマ:
    • エトルリアのサイトチェルヴェテリ
    • に行くフラスカティ、ローマの南東にある歴史的な丘の町の1つとして知られています。カステッリロマーニ。この町は何世紀にもわたって首都の喧騒から離れて人気のある目的地であり、これは今日でも真実です。 白ワインで世界的に有名なフラスカーティは、ゆっくりとした生活の中でリラックスできる丘の町です。 ローマからわずか21 kmのフラスカティは、バスまたは電車でアクセスできます。 列車はから走りますローマテルミニ約1時間ごとに約30分かかり、費用は約2ユーロです。 またCastelliにはカステルガンドルフォ、教皇の夏の離宮。 町は夏にローマ人に人気の週末旅行であるアルバノ湖を見下ろします。 バスと電車でもアクセスできますが、カステッリには興味深い町や村がいくつかあるので、その日の車を雇うと報われます。
    • 古代の港でありローマの軍事植民地であるオスティアアンティカに向かいます。 Stazione Piramide(ピラミッドの近く)からメトロで30分ごとにアクセスできます。 コロッセオ地区に少し似たモニュメンタルなエリアですが、オスティアアンティカではローマの街の様子が印象的です。
    • チボリへの日帰り旅行で、有名で見事な噴水があるヴィラデステを見学しましょう。 あなたがそこにいる間、皇帝ハドリアヌス帝の別荘をチェックしてください。 ティブルティーナからの毎時列車。日曜日は少ない。
    • 訪問してイタリアの第二次世界大戦を理解するアンツィオビーチヘッドエリア、アンツィオ上陸博物館、モンテカッシーノ。
    • 数キロ先に奇妙な伝説を持つ美しい村、カンテラノ。
    • チビタベッキア、ローマの港は、地中海を一周する何百もの船、クルーズ、フェリーの発着地点です。 ここから、サルデーニャ、コルシカ、シチリア、スペイン、フランス、他のいくつかの小さな島々、そして北アフリカにさえ到達することが可能です。 優れた交通システムは、港と永遠の都をつなぎます。たとえば、上記の「乗車」「電車」をご覧ください。
  • ビテルボ(県)はラツィオの北部です。
  • パレストリーナローマから40 kmの中心にあり、ローマ時代の遺跡が豊富です。 見るものの中で:異教の女神の寺院「フォルトゥーナ」全国考古学博物館(ルネッサンスに収容パラッツォバルベリーニ)、フォロロマーノそしてそのナイロティックモザイク.
  • カンパニアはラツィオの南の沿岸地域です。
    • 訪問ナポリそしてその湾の有名な島々、カプリ, イスキアそしてプロシダ。ナポリは高速列車で1時間です。
    • 特にレールパスがある場合、ポンペイ日帰り旅行は、非常に丸一日ですが、非常に実行可能です。 ローマからポンペイに到達するには、約3時間かかります。

[[大都市ローマ]]:

  • [[Cerveteri]]のエトルリアのサイト
  • ローマの南東にある歴史的な丘の町の1つである[Frascati]に向かいます。[[Castelli Romani]]。この町は何世紀にもわたって首都の喧騒から離れて人気のある目的地であり、これは今日でも真実です。 白ワインで世界的に有名なフラスカーティは、ゆっくりとした生活の中でリラックスできる丘の町です。 ローマからわずか21 kmのフラスカティは、バスまたは電車でアクセスできます。 電車はローマテルミニから約1時間おきに運行し、所要時間は約30分、料金は約2ユーロです。 また、カステッリには教皇の夏の別荘[[Castel Gandolfo]]があります。 町は夏にローマ人に人気の週末旅行であるアルバノ湖を見下ろします。 バスと電車でもアクセスできますが、カステッリには興味深い町や村がいくつかあるので、その日の車を雇うと報われます。
  • ローマの古代の港と軍事植民地である[[Ostia | Ostia Antica]]に向かいます。 Stazione Piramide(ピラミッドの近く)からメトロで30分ごとにアクセスできます。 コロッセオ地区に少し似たモニュメンタルなエリアですが、オスティアアンティカではローマの街の様子が印象的です。
  • [[ティヴォリ]]への日帰り旅行で、有名で見事な噴水があるヴィラデステを見学することを検討してください。 あなたがそこにいる間、皇帝ハドリアヌス帝の別荘をチェックしてください。 ティブルティーナからの毎時列車。日曜日は少ない。
  • [[アンツィオ]]ビーチヘッドエリア、アンツィオ上陸博物館、[[モンテカッシーノ]]を訪れ、第二次世界大戦を理解します。
  • [[Canterano]]、奇妙な伝説がほんの数キロ先にある美しい村。
  • ローマの港である[[Civitavecchia]]は、地中海を一周する何百もの船、クルーズ、フェリーの発着地です。 ここから、[[Sardinia]]、[[Corsica]]、[[Sicily]]、[[Spain]]、[[France]]、その他の小さな島々、さらには北部[[Africa]]に到達することが可能。 優れた交通システムは、港と永遠の都をつなぎます。たとえば、上記の「乗車」「電車」をご覧ください。

パレストリーナローマから40 kmの中心にあり、ローマ時代の遺跡が豊富です。 見るものの中で:異教の女神の寺院「フォルトゥーナ」国立考古学博物館(ルネッサンスパラッツォバルベリーニに収容)、フォロロマーノそしてそのナイロティックモザイク.




人気の路線

バルセロナ(BARCELONA)からマドリッド(MADRID)へ | フィレンツェ(FIRENZE)からロマ(ROMA)へ | アビニョン(AVIGNON)からパリ(PARIS)へ | フランクフルト(FRANKFURT)からMüchen(MüCHEN)へ | ロマ(ROMA)からヴェネツィア(VENEZIA)へ | デュッセルドルフ(DüSSELDORF)からフランクフルト空港(FRANKFURT AIRPORT)へ | ロマ(ROMA)からフィレンツェ(FIRENZE)へ | ミラン(MILANO)からヴェネツィア(VENEZIA)へ | ワルシャワ(WARSZAWA)からBERLIN(BERLIN)へ | ケルン(KöLN)からフランクフルト(FRANKFURT)へ | ヴェネツィア(VENEZIA)からロマ(ROMA)へ | ロマ(ROMA)からヴェネツィア(VENEZIA)へ | ルツェルン(LUZERN)からインターラーケン(INTERLAKEN)へ | ストラスブール(STRASBOURG)からパリ(PARIS)へ | インターラーケン(INTERLAKEN)からユングフラウへ | フィレンツェ(FIRENZE)からピサ(PISA)へ | ヘルシンキ(HELSINKI)からロヴァニエミ(ROVANIEMI)へ | フランクフルト(FRANKFURT)からケルン(KöLN)へ | モスクワ(Москва)からサンクトペテルブルク(Санкт-Петербург)へ | フランクフルト(FRANKFURT)からBERLIN(BERLIN)へ | Müchen(MüCHEN)からフランクフルト(FRANKFURT)へ | ロマ(ROMA)からナップル(NAPOLI)へ | BERLIN(BERLIN)からフランクフルト(FRANKFURT)へ | ミラン(MILANO)からフィレンツェ(FIRENZE)へ | フィレンツェ(FIRENZE)からミラン(MILANO)へ | ロマ(ROMA)からヴェネツィア(VENEZIA)へ | Manarolaからラ・スペツィア(LA SPEZIA)へ | ヴェネツィア(VENEZIA)からフィレンツェ(FIRENZE)へ | BERLIN(BERLIN)からMüchen(MüCHEN)へ | フィレンツェ(FIRENZE)からヴェネツィア(VENEZIA)へ |